内観について質問を頂くことがあります。
内観は自分の内側を見つめる作業です。
  


目をつぶってもらい、クライアントには過去の思い出みたいなものを探ってもらいます。
基本的にはそれだけです。




トラウマや満たされない思いや劣等感や、楽しかった事や、嬉しかった事…本当に様々なことを皆さん思い出します。




思い出せば出すほど、変な心の引っ掛かりが取れていきます。つまり、素の自分に戻っていきます。




それぞれ抱えてるもののその数や、その重たさによって違いますので一概には言えませんが、繰り返していくとたとえばこんな感じです。




内観を10回行えば
自分とは何かがわかり始めます




内観を20回行えば
命とは何かがわかり始めます




内観を30回行えば
自己実現とは何かがわかり始めます。




もちろん必要に応じて、知識をお伝えしたり、カウンセリングもとても大切になります。




参考になればと思います馬