先日広島県・雲間と山口県・林太太茶館での遠征セミナーも終え、さっそく2019年春の新茶の解説をやっていきます

2019年の新茶紹介トップバッターは『阿里山金萱 濃香』です。一言で表すならば、がっつりミルク香王道系金萱茶です

 

セミナー等に参加して頂いている方にはよく話すのですが、日本人が好む金萱はやっぱり品種香がはっきりしたわかりやすい金萱です

 

青心烏龍のような品種と違って尖った個性を持つ金萱のような品種茶はやはりその特徴がはっきりしているものの方がいいと思います

 

一方台湾では近年の傾向としてミルク香があまりないものが好まれる傾向があったりします

 

もう少し言うと単純なミルク香の有無というより青心烏龍のような上品な味わいを持った金萱が評価されます

 

現地でも茶師の心得として、「青心烏龍は金萱のような香りに、金萱は青心烏龍のように」という言葉があるくらいです

 

ただ台湾の一般の消費者はもちろん上記のような言葉を知っているわけではなく、ミルク香があまり好まれない傾向があるのは香料の懸念している事のが大きいように思います

 

確かに過去にはそういったミルクの香りがつけてある金萱は存在しましたが、現在では私の知る限りそういったものはほとんどないように思います(団体ツアー客向けのお茶屋さんとかならまだあるかもしれません)

 

香料使うのは今の時代は単純にリスキーだからです。SNSがあるこのご時世、あそこの工場の茶は添加しているなどと情報が広まればそうでないお茶も含めて一発で信用失います

 

そういえば以前久しぶりに見た香料茶は中々面白いシチュエーションでした。とある方から「これは総統一族だけが飲める特別な阿里山の最高級茶と言われたんだけど本当かどうかわからないので飲んでみて下さい」

 

サンプルの袋を開けた瞬間ぷんぷんのミルキーな香りが…。触れ込みの時点でかなり怪しい感じがしましたがよくあるパターンです

 

少し話が逸れてきたので戻すと、ひと口にいい金萱といっても日本人にとってのいい金萱と台湾人ではちょっと違うところもあり共通の部分もあります

 

香りが全然ないのは品種茶としては論外ですが、よしんば香りがあっても味がついてこないのもやっぱりダメです

味や香りがないタイプの金萱というのは茶園を観察してわかってきた事ですが管理があまりよくない茶園にみられます

 

金萱は青心烏龍よりも図太い性格でわりとほったらかしていてもそれなりに収量が採れてしまう傾向があり、また茶価自体が元々高くない為に肥料等のコストもかけづらいという事もあります

 

当たり前ですが栄養状態が芳しくない上に茶樹自体も古くなってきてしまうとやはり以前のような香味は発揮できなくなってきます

 

そんなこんなでひと昔によくあった金萱らしい金萱、それも味わいもいい金萱はかなり減ってきているなと年々感じています

この『阿里山金萱 濃香』の良いところは軽い焙煎を入れることでより香味の輪郭がはっきりとして品種茶としての特徴と味わいにまとまりが生まれているところです

 

火を入れる前のこの金萱の毛茶(荒茶)も飲んでいますが、ビフォーアフターは結構はっきりしていて断然火入れ後の方が香味のまとまりが違います

 

青心烏龍の高山茶では軽い火入れを行うと爽やかで華やかな香気が飛んでトレードオフが発生しますが、金萱は却って品種の特徴が出て文字通り濃香になります

 

近頃金萱らしい金萱飲んでないなぁとか、あの甘みのあるミルク香を楽しみたい!、という方にはとても合っているお茶だと思います

 

個人的には金萱は食事やお菓子にも負けないので組み合わせるととても面白いと思います

 

次回は高山茶系の紹介をやっていこうかと思います