ゆらぎ | Part time Female Yuki(Yukiのひとりごと)

Part time Female Yuki(Yukiのひとりごと)

これまで女性に憧れて、女性になりたいと願っていました。それは性別違和からくるものなのか?漠然とした疑念と女性化への思いを抱えながら、気づけば40代。結婚もし、子供も出来た今、それでも抑えられなかったこの思い…


テーマ:
こんにちは。有紀です。
 
連休なので、お出かけ!といきたいところですがいつも車に積んでいる荷物を整理。さすがに大量なので、四苦八苦していましたよ。家に置いてある服を合わせると、オールシーズンでフルタイム可能なくらい服がありそうな量でした。写真を、と思ったんですが、さすがに服を乱雑に広げたものは載せられません…あせる
 
ついでにタンスの中のメンズ服も整理しました。少しは処分していかないと、服が溜まる一方ですからね。
 
さて、まゆさんからのいいねで読み返した以前の記事。この頃の私は、「性自認はほぼ男性」だと思っていました。記事にもそう書いたんですが、どうも違うようで…
 
こうやって「有紀」として動いている中で、過去の色んなことを思い出すようになりました。あまり覚えているとは言い難いのですが、従姉妹のお姉ちゃんたちと遊んでいた幼少期、そして小学生の頃。昔のことを思い出していくと、私自身、性自認が必ずしも男性だったとは言い切れないよなぁ、と思うようになってきました。
 
小さい頃、女の子の側に行けないことが悲しかったり、母親の服を着てみたり、化粧のまねごとをしてみたり。朝起きたら女の子になっていますようにと願ってみたり…口紅
 
そもそも私自身、性自認についてはあまり考えていませんでした。問われた時に、「違和感が強くないから、私の性自認は男性なんだろうな」と思っていました。男性として社会生活を送っていた時間が長かったせいで、女性でありたいという気持ちを抑えて、諦めてきた自分。性自認に関して改めて考えていくと、それは曖昧で、どちらとも言えない感じ。だとすると、私はXジェンダーに近いのかなぁと思う時もあります。もしかすると、私の性自認は、常に揺らいでいるのかも知れません。
 
今の私は男と女、その狭間でさまよっている気がします。どちらの側にもきちんとたどり着くことが出来ず…
 
私は私でありたい。あるがままに。
 
 
ではではバイバイ
 
 

Yuki(有紀)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス