こんにちは、多次元チャネラー・エネルギーヒーラーのイザナイです。

 

<小室氏と秋篠宮家ご長女 真子さまのご結婚について>

 

いろいろあったこの結婚話も、いよいよ大詰めですね。

 

どこかから報道規制が敷かれたのか、ワイドショーなどでは手の平を返すように結婚歓迎ムードに変わりつつあるようです。(まったく、節操がないとはこのこと)

 

これは私見ですが、小室氏はあまり日本人的な価値観・感覚をお持ちの方ではないのではないでしょうか。

 

母親の借金問題についてですが、もし小室氏が日本人的な感覚で対応できていたとすれば次のような回答ができたはずです。

 

「経済的に苦労をしていた時期に、お金を借りたことは事実です。

そのことについては大変感謝をしており、お借りしたお金については、私が今後働いて、少しずつお返しする所存です。」

 

26ページもの言い訳をこねくりまわしたような理屈っぽい文書より、この誠実さを現す言葉がどうしてなかったのか。お2人で結婚生活を送られながらでも、少しずつお金を返済する意思を見せ、それを実行されれば、ここまで結婚を批判されることもなかったのではないでしょうか。

 

「母が借りたお金だから、母の問題だ」、と突っぱねるのも、やはり不誠実とみなされると思います。

 

この結婚は、それだけ特別なお家柄の人を迎えるということなのです。

 

老婆心から、日本の皆は真子さまに「この結婚はよしたほうがいい」、と申し上げ続けてきたのです。

 

以前にもこのブログのどこかで書きましたが、お金を借りたら利子を上乗せしてきちんとお返しするのが宇宙のルールです。

 

成したことが還る世界ですから、クサいものに蓋をするように「借りてない、もらっただけ」という言い訳をして逃げ続けることは、貸したご本人が「そうでない」とおっしゃっている以上、支払いのエネルギーが生じており、この先かなり大きな負のカルマを背負うことになってしまいます。

 

**************************************************

 

さて、皇室は日本神道と関係があるとされておりますが、実際、その通りです。

 

日本の神々は、皇室の行く末をじっと見ておられます。

 

この結婚について、神々が言及されるのを私は聞いておりませんので、神々がどう思われているかについて述べることは差し控えますが、もし神々のご意向に背くようなことが起きているとするならば、今後、天意で示されていくことになると思います。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村