イングランドとスコットランドの統合記念 コイン、ユナイト金貨。

王様は金貨のデザインをとてもお気に召して、金銀細工師に以降はユナイトと名乗るよう申し付けた。

英国アンティーク スプーンのデザイン パターン、Queen Anne パターンとは

 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧

銀工房のGeorge Uniteは、コレクターの間ではちょっと有名なシルバースミスです。

美しいアンティーク シルバーを残したヴィクトリア時代の銀細工師をご紹介します。

George Unite(1798-1874年)

ジョージ・ユナイト作品との出会いは、ずいぶん以前のことですが、よく覚えています。

ロンドン郊外のアンティーク フェアで、きれいなシュガースプーンを見つけました。
フィドルパターンの柄には細かく花が彫りこまれており、ボールの部分は唐草模様の透かし彫りになっています。
ホールマークを読み取ると、ヴィクトリア時代中期1858年バーミンガム製作で、メーカーズマークは GU でした。



19世紀第一の銀細工師とは言えないまでも、かなり技術の高い名匠の作品と思いました。
それ以来、ジョージ・ユナイトの作品は注意して見るようになりました。

彼の作品はスプーン、フォーク、ナイフ、シュガースプーン、バターナイフ、ティー キャディー スプーンといった、基本的なフラットウェアをはじめとして、ヴィネグレット(気付け薬入れ)、かぎタバコ入れ、カード入れ、ワインラベル等の小物、さらには、遊び心で作ったと思われる赤ちゃんのガラガラまで多岐にわたります。(それにしても、純銀製のガラガラというのも優雅なものです。)

彼の作品を見ていくうちに、このヴィクトリア時代の銀細工師について知りたくなり、ヴィクトリア & アルバート ミュージアムの図書室等で資料をさがすようになりました。



ジョージ・ユナイトは今から220年ほど前の1798年に生まれています。

12歳でバーミンガムの銀細工師ジョセフ・ウィルモアに弟子入りし修業を始めました。ジョセフ・ウィルモアも名の知れた銀職人ですが、現在、彼の弟子として名前がたどれるのはジョージ・ユナイトだけです。

1836年には独立してバーミンガムに工房を持ち、以後30年間 GU のメーカーズマークで作品を世に送り続けました。彼はアンという女性と結婚して三人の息子があり、長じて三人とも銀細工師となり父の工房でファミリー ビジネスを支えたようです。 1890年には工房が買収され家族経営は終わりましたが、GU の刻印にはブランド価値があり1938年まで使われました。

また、ユナイトという姓について次の言い伝えが残っています。真偽のほどは分かりませんが面白い話と思います。

彼の祖先は、スチュアート朝 ジェームズ一世の治世、1603年にイングランドとスコットランドの統合を記念するユナイト金貨を鋳造した金銀細工師であった。王様は金貨のデザインをとてもお気に召して、細工師に以降はユナイトと名乗るよう申し付けた。実際にはジェームズ一世の意図に反して、当時の議会はこの統合法案を否決し、両国の貨幣鋳造権は1707年の連合法まで分かたれたままであった。

いろいろ知っていくと、また愛着が湧くもので、これからもジョージ・ユナイトの作品を探していこうと考えています。


ヴィクトリアン スターリングシルバー  ティースプーン Queen Anne パターン with シェル
1890年 ロンドン、George Unite作
George Unite作になるヴィクトリアンの銀スプーンです。



ボール裏面には四つのシルバーホールマークが刻印されています。ホールマークは順に George Uniteのメーカーズマーク、1890年のデートレター、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そしてロンドン レオパードヘッドです。



柄先のデザインは Queen Anne パターンと呼ばれます。 このデザインは1880年代にイギリスで初めて登場し1900年頃にはかなりの人気となりました。 あるいは別名ではオーバニー(Albany)パターンと呼ばれることもあります。 ヴィクトリア期の有力シルバースミスであったフランシス・ヒギンスのパターンブックで、 Queen Anneパターンとされて以来、Albany あるいは Queen Anneと両方の名前が使われるようになりました。

ボール部分のシェル デザインも綺麗です。



シェルパターンは12世紀にスペインの聖地 St.ジェイムス オブ コンポステラへ向かう巡礼者たちが、彼の紋章であったシェルを身につけて旅したことから、クリスチャンシンボルとして、シェルが取り入れられていったのが始まりです。 15世紀以降はセラミックスやシルバーの分野で、このシェルモチーフが繰り返し取り上げられて今日に至っています。

ハンドル部分に見えるねじり構造は、柄の強度をアップするのと同時に、光の反射が綺麗で、装飾的な美しさを追求するのに役立っています。 

全体としてデザインのよさに加えて、ねじり柄の技巧も綺麗なので、見ていて楽しいシルバーウェアに仕上がっています。 

http://www.igirisumonya.com/20059.html

 

 

今日は銀工房の歴史を調べてみました。

皆さま、いつも  いいね!ありがとうございます。
それでは、また 明日、よい一日を😊

 

 

 

店主おすすめ 英国 アンティーク 情報 一覧

新着 英国 アンティーク 品物 一覧

 

英吉利物屋 Twitter  英国 アンティークの気付き、お届けしてます。

インスタグラム: いぎりすもんや 2900名のフォロワー様 いつも👍! ありがとうございます。

英国アンティーク 英吉利物屋 (いぎりすもんや)

 

 

人気記事ランキングにランクインしました! クリックしてご覧ください。

 

フランス革命より古い銀のティースプーン、今日まで残っているのは、英国が大動乱を免れたから

 

 

英国アンティーク ジョージアンの銀スプーンを、江戸時代の日本へタイムスリップさせたらどうなる