アンティーク Asprey アール・デコ テーブルスプーンを追記しました。

 

Aspreyの定番 テーブルスプーン1936年作、ティースプーン1971年作
頻繁にモデルチェンジしない、よいと思えばあくまでも昔のものにこだわっていく姿勢が伺えて、興味深いところです。ただ、これは老舗に限らず、広く英国人一般に見られる特性かも。
 

 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧

アスプレイ アール・デコ スターリングシルバー ティースプーン
1971年 バーミンガム アセイオフィス、Asprey & Co. Ltd 作

直線的なアール・デコ 幾何学デザインのスターリングシルバー ティースプーンです。シルバースミス(=銀工房)は Asprey & Co. Ltd になります。

 
http://www.igirisumonya.com/20051

【アスプレイ アール・デコ スターリングシルバー ティースプーン、長さ 11cm、1971年 Asprey & Co.Ltd作】
アスプレイ アール・デコ スターリングシルバー ティースプーン(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

このアスプレイというお店は1781年創業、英国王室御用達で、現在でもイギリスにおける宝飾店の最高峰と言われ、ロンドンのボンドストリートに立派なお店を構えています。イギリス銀製品を専門に扱うガイドブック 『Jackson's Hallmarks』 では、アスプレイについて「Justifiably famous for the quality of its products (もっともで当たり前のことながら、その品質の良さは有名である。)」と最上級のコメントです。

 

アスプレイ アール・デコ スターリングシルバー ティースプーン(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

アスプレイの作となる同じデザインのテーブルスプーンを以前に扱ったことがあります。そのテーブルスプーンは1936年の作でしたので、写真のティースプーンのデザインは1930年代 アール・デコの時代から少なくとも1971年までの長きにわたって、アスプレイの定番として取り扱われてきたことが分かります。 

 

【アスプレイ アール・デコ スターリングシルバー テーブルスプーン、長さ 21.8cm、1936年 Asprey & Co.Ltd作】


イギリスでも超のつくような老舗において、頻繁にモデルチェンジしないと言うか、よいものであれば、あくまでも昔のものにこだわっていく姿勢が伺えて、興味深いところです。ただ一方で思いますのは、こういう古いものへのこだわりは、老舗に限らず、広くイギリス人一般に見られる特性の一つかも知れません。 

昨今の例で言えば、イギリスがなんだかんだ言って、欧州共通通貨ユーロに参加せず、あくまでもスターリングポンドにこだわり続ける姿勢も、根っこのところでつながりがあるように見ています。

写真二番目に見える裏面のホールマークは順に「Asprey & Co.Ltd」のメーカーズマーク、バーミンガム アセイオフィスのアンカーマーク、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そして1971年のデートレターで、どの刻印もはっきりしています。 

林望氏の『イギリス観察辞典』という本に「アスプレイ」の項目があり、面白く分かりやすい解説がありますので、詳細は本をご覧いただくとして、抜粋をご紹介しましょう。

『世の中にまた、アスプレイという会社ほどイギリス的なものもあるまいと思われる。この会社はまったく不思議な組織で、アスプレイ家が経営している王室御用達の店なのだが、いったい何を商っているのかというと、なんでしょうねぇ...おおまかに言えば雑貨屋さんなのだ。しかし、そんじょそこらの雑貨商とは全然違う。 

いかなる注文にも応じて、この会社の職人に作れぬものはない、...

「たとえば...」とアスプレイのスタッフは言った。「当社では、お客様にロンドンへお越し頂くのではなくて、ロンドンから職人を派遣して、お客様のご注文を承る、ということになってございます。」 そのようにしてカスタムメイドされた流麗な散弾銃が二挺一組で六万五千ポンドだそうである。 ざっと千三百万円! どうです、安いものでしょう。

むろんこの会社は「物」を作って売る会社ではあるけれど、その本当の趣旨はもう少し深いところにあって、たぶんそういうイギリス人魂とか、イギリスの夢とでもいうようなものを、「何かの形」に作って売ることを目的としているのであろう。』 以上抜粋。

それから、このアスプレイにはアンティークシルバーのコーナーもあります。ロンドンのボンドストリートやニューボンドストリート沿いの老舗アンティーク店の中でも、とりわけアスプレイは高級店で、気軽さはありませんが、英国にお越しの際にはロンドンアンティークショップの最高峰を見てみるのも面白いかも知れません。

1920年代、30年代はアール・デコの時代ですが、ヴィクトリアンあるいはエドワーディアンの伝統的で凝ったシルバーデザインとは大きく異なる変更が、この時代にあったことは、とても興味深いと思います。ある解説によれば、このデザイン上の大きな断絶を生み出した最大の要因は第一次大戦だったと言われています。当時の人たちはヴィクトリアンとエドワーディアンの輝かしい伝統の延長上に世界大戦が起こったことに大きなショックを覚え、ポストワーの時代には、昔の時代から距離を置きたいと望む風潮が強く、そこにアール・デコがぴたりとはまったというわけです。 

アール・デコについてはいろいろな説明がありますが、この解説はかなり言いえているように思います。イギリスを隅々まで旅してみて、どんな小さな田舎の村にも、第一次大戦の戦没者を悼む記念碑が建っているのを知りました。 英国人の暮らしを根底から揺るがした出来事であったことが想像されるのです。

http://www.igirisumonya.com/20051

 

 

お付き合い、ありがとうございました。
いつも 皆さま  いいね!ありがとうございます。

よい一日を😊
 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧

 

インスタグラム: いぎりすもんや 2400名のフォロワー様 ありがとうございます

英吉利物屋 Twitter  英国アンティークの気付きを。

英国アンティーク 英吉利物屋 本体サイトです、皆様のご訪問お待ちしております。

 

 

人気記事ランキングにランクインしました!クリックしてご覧ください。

 

160年前にあった「元祖マッピン家」を巡るアンティークな争い

 

サムライが訪れたヴィクトリアンのエルキントン銀工房


ウィリアム・モリス アンティーク本『お気に召すまま』アール・ヌーボー シェイクスピア 

 

アンティークな銀工房、1781年創業のアスプレイ、英国王室御用達、今でもイギリス宝飾界の最高峰

AD