アンティーク マザー オブ パール 透かし細工 

 

「白蝶貝のうっすらとした輝きがとても綺麗です。まるで、嵐が来る前の空のようだと思いました。上空を凄い速さで白い雲が流れていく中、時折、空全体がぱあっと明るくなる様子を髣髴とさせます。」

 

 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧


色艶のよいマザー オブ パールに透かし彫りを施して、カービングを加えたクロスです。 立体感のある構造となっていることがお分かりいただけると思います。 MOP とはMother of Pearl = 白蝶貝のことです。

 

http://www.igirisumonya.com/20074
 


周りを透かし飾りに囲まれた部分がかなり盛り上がった作りになっています。クロス縁辺部の厚みは1ミリ程度、中ほどの十字部分は厚くなっていて、3ミリほどの厚みがあります。

糸鋸を使った手仕事のピアストワークは、高い技術を要する仕事で、ルーペで詳細に観察してみても、職人さんの確かな腕前を感じさせる細工になっています。

マザー オブ パールという素材はミルクホワイトの輝きが内側からこぼれてくる感じで、光に当たると見えてくるうっすらとした虹色の輝きが綺麗です。 


マザー オブ パールについて、次のようなお便りをいただきましたので、ご紹介させていただきます。
「白蝶貝のうっすらとした輝きがとても綺麗です。まるで、嵐が来る前の空のようだと思いました。上空を凄い速さで白い雲が流れていく中、時折、空全体がぱあっと明るくなる様子を髣髴とさせます。」

イギリスは一日の中でもお天気の移り変わりが激しくて、さっきまで晴れていたかと思うと、一転してにわかに雲が天を覆うことも多く、お客様からの文章にあったような光景をしばしば目にいたします。なるほどと、マザーオブパールをとてもよく形容しているように思いました。
 
「私はキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。」というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、私もそう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。

http://www.igirisumonya.com/20074

 

なぜかクロスにとても惹かれます。その理由をアンティーク 英吉利物屋 風に考えてみました。
もご覧いただけたら幸いです。

 

 

マザー オブ パールのアンティークには、こんな品もあります。

百年ほど前のアンティーク オペラグラスです。

 

「白い雲が流れていく中、時折、空全体がぱあっと明るくなる様子を髣髴とさせます。」というのは、こちらの色味の方がふさわしいかも知れません。

 

http://www.igirisumonya.com/20038

 

観劇の季節になれば、お手元にアンティーク オペラグラスがあると楽しみも増えましょう。また、私は自然観察用にもオペラグラスを使っています。ちょっと散歩に出ましても、フィールドではリスが忙しそうですし、庭の桜の木に餌場があり、野鳥やリスがやって来て賑わいます。私はあまり目がよくないので、オペラグラスを使うと、やはり、肉眼よりしっかり見えて楽しくなります。

 

 

MOP透かしクロス:http://www.igirisumonya.com/20074

MOPオペラグラス:http://www.igirisumonya.com/20038

 

お付き合い、ありがとうございました。
いつも 皆さま  いいね!ありがとうございます😊
 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧

 

インスタグラム: いぎりすもんや 2400名のフォロワー様 ありがとうございます

英吉利物屋 Twitter  英国アンティークの気付きを。

英国アンティーク 英吉利物屋 本体サイトです、皆様のご訪問お待ちしております。

 

 

人気記事ランキングにランクインしました!クリックしてご覧ください。

 

160年前にあった「元祖マッピン家」を巡るアンティークな争い

 

サムライが訪れたヴィクトリアンのエルキントン銀工房


ウィリアム・モリス アンティーク本『お気に召すまま』アール・ヌーボー シェイクスピア 

 

アンティークな銀工房、1781年創業のアスプレイ、英国王室御用達、今でもイギリス宝飾界の最高峰

AD