勿忘草(わすれな草=Forget-me-not)と文字に書くと、漢文調の雰囲気が古っぽく、日本古来の野草のように感じます。

 

実はForget-me-notが日本に来て、「わすれな草」の和名を得たのは、日露戦争があった1905年のこと。

 

それでは、英国ではどうかと言うと、、

 

ドイツ起源の「勿忘草」がデンマークやスウェーデンに伝わり、そしてフランスに伝わり、イギリスに入ってきたのが1802年、それから百年ほどして日本へ、言葉の伝播の歴史も興味深く思います。

 

人気記事ランキング:ランクイン記事一覧

 

エドワーディアン スターリングシルバー クロス、Forget-me-not(忘れな草)モチーフ
1910年 バーミンガム アセイオフィス

 

今から百年以上前に作られたスターリングシルバーのクロスで、手彫りのエングレービングが繊細なエドワーディアン アンティークです。 彫刻は全般に細かくて、センターには勿忘草のワンポイントが効いています。

 

http://www.igirisumonya.com/20050.html

エドワーディアン スターリングシルバー クロス Forget-me-not(忘れな草)モチーフ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

 

 

http://www.igirisumonya.com/20050.html
エドワーディアン スターリングシルバー クロス Forget-me-not(忘れな草)モチーフ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

裏面には四つのブリティッシュ ホールマークが完備しているのも、アンティーク シルバー クロスとして、なかなか得がたい特徴です。 ホールマークは順にメーカーズマーク、バーミンガムアセイオフィスのアンカーマーク、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そして1910年のデートレターになります。 

 

わすれな草はヨーロッパを原産とする、薄青色の小花が可憐な一年草で、信義とか友愛のシンボルとされます。 花言葉は「Forget-me-not」そのもので、「忘れないで」です。

「Forget-me-not」はイギリスのフィールドでよく見られる花で、昔から咳止めなどの薬草としても使われてきましたので、人気があって役に立つ花です。イギリスの勿忘草は、細かく言うと四つほど種類があります。野原で一般的なのは「フィールド勿忘草」、森の中で見られる「ウッド勿忘草」はやや大型です。イエローからブルーに色が変わっていくのが「チェインジング勿忘草」で、ふさが特徴の「タフティド勿忘草」もあります。

 

http://www.igirisumonya.com/20050.html

エドワーディアン スターリングシルバー クロス Forget-me-not(忘れな草)モチーフ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

 

日本語で「忘れな草」を「勿忘草」と書くと、漢文調な雰囲気で古っぽく見えて、万葉集や古今和歌集にも出てきそうな日本古来の野草のようにも感じます。実際には「Forget-me-not」が日本にやってきたのは、百年とちょっと前のことで、「勿忘草」or「わすれな草」と訳語の日本名が付けられたのは、日露戦争があった1905年のことでした。

それでは、イギリスではどうかと言うと、これまた日本と同じ事情で、実は「Forget-me-not」という名前は舶来品の訳語でありました。 「Forget-me-not」という花の名は、元々は中世ドイツの伝説が起源で、ドイツ語の「忘れないで!」というのが、根っこになって世界中に広がっていったのです。この伝説をもとにしたポエムをイギリス人のサミュエル・コルリッジが書いたのが1802年でありました。そしてこれが英語の中に「Forget-me-not」が受容されるきっかけになったのです。


ドイツ起源の「勿忘草」がデンマークやスウェーデンに伝わり、そしてフランスに伝わり、イギリスに入ってきたのが1802年、それから百年ほどして日本へ、言葉の伝播の歴史も興味深く思います。

http://www.igirisumonya.com/20050.html

 

 

お立ち寄りいただき、ありがとうございました。
いつも  いいね!ありがとうございます。
よい一日をお過ごしください😊

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキングにランクインしました!クリックしてご覧ください。

 

160年前にあった「元祖マッピン家」を巡るアンティークな争い

 

サムライが訪れたヴィクトリアンのエルキントン銀工房


ウィリアム・モリス アンティーク本『お気に召すまま』アール・ヌーボー シェイクスピア 

 

アンティークな銀工房、1781年創業のアスプレイ、英国王室御用達、今でもイギリス宝飾界の最高峰