ご報告。

テーマ:
この度、井川祐輔は12年間在籍させていただきました川崎フロンターレを退団する運びとなりました。

2006年に入団してから2017年まで、川崎フロンターレに関わる皆様、そしてサポーターの皆様には大変お世話になりました。

私が川崎フロンターレに入団した2006年当時は、クラブハウスもグランドも、そして等々力陸上競技場も今とは比べものにならない環境でした。

加入した年から右肩上がりの成長をしていく川崎フロンターレに携われた事は、私の人生にとってかけがえのない財産です。

川崎フロンターレに携わるようになり、サッカー選手としては勿論のことですが、一人間としても大きく成長させていただきました。

プロ生活17年のうち、12年間を川崎フロンターレでお世話になりました。生え抜き選手ではないのにも関わらず、この年齢まで第一線でプレーする機会を与えてくださったことに、感謝してもしきれません。

私は人生の約1/3を川崎フロンターレで過ごしたことになりました。

当然の如く、体の中には水色の血が、そして川崎の血が流れています。

今後どのような道に進むかは未定ですが、川崎で培った12年間の経験を次のステージで思う存分に発揮出来るよう頑張っていきたいと思います。

本当に12年間、ありがとうこざいました。

そして最後に。

怪我や結果が出ずに辛い時期に、いつも側で支えてくれた妻。

あなたが側にいたからここまで頑張ってこれました。

本当にありがとう。

そして、これからもよろしくお願いします。

井川 祐輔
AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る