暗記数学の罠

テーマ:

こんにちは、ぽえみーです。

よかったら一日一回応援クリックお願いします。





にほんブログ村



今日は暗記数学について、


多くの人が陥りやすい罠について簡単にお話したいと思います。




おそらくおおくの人が一度は聞いたことがあるであろう、この「暗記数学」という言葉。


某理Ⅲ卒の方など、この暗記数学について推奨する意見が多くあります。



僕もどちらかというとこの暗記数学について肯定的な意見を持っています。



しかし、一生懸命暗記しているにも関わらず、結果に結びつく場合が少ないというのがこの暗記数学を取り巻く現状であります。



数学を暗記して点が伸びる人と伸びない人、この違いはどこから生まれるのでしょうか。



これは、問題文をしっかり読んでいるか



ということに集約されると思います。


たぶん暗記数学というと、解答をどんどん見て解法をまねろ、と教わりますよね。



しかしながら、今現在自分が暗記している解法がどんな問題に適応することができるのかをしっかり理解していなければ意味がありませんね。


なので、しっかり問題文を読み込んでから暗記することで、自分の覚えた解法を適切な場所ではき出すことができるのです。




当たり前に聞こえるかもしれませんが、これをしっかりできている人の割合は驚くほどに低いのです。



また、その応用として、解法を暗記した後逆にその解法から問題はどのようなものか、どのような条件のものかを思い出す作業をしてもよいでしょう。




こうすることで、問題文から導き出される解法に必然性を持たせることができるのです。


本当の意味での応用力をつけることができます。



是非一度試してみてください!


よかったら下のバナークリックしてみてください。



にほんブログ村