第1章(4)と同じ手法で、

合格率(%)=5.6027×偏差値-328.57(ドッキング、国公立または私立、2018年、偏差値≧62.5)

に当てはめ、A~Eの合格可能性評価に相当する偏差値を算出した。特定の大学の合格可能性評価ではなく、ざっくりとした国公立または私立大学医学部の合格可能性評価である。括弧内は、国公立大学のみの時の偏差値である。

 

A判定…偏差値72.9以上 (73.5以上) 

B判定…偏差値70.2    (70.9)

C判定…偏差値67.6    (68.4)

D判定…偏差値64.9    (65.8)

E判定…偏差値62.2以下 (63.3以下)

 

偏差値は、国公立大学のみの時と比べて低くなり、差は0.6~1.1(昨年は0.6~0.8)であった。第2章(3)で書いたが、ボーダーラインも0.8(昨年は0.7)の差しかなく、意外に小さい差である。近年は私立大学医学部の偏差値上昇が著しく、国公立大学の滑り止めにはならないことが分かる。

 

A判定の偏差値72.9以上という値は非常に高く、全969個(マーク523個 記述446個)のデータのうち、147個(マーク74個 記述73個)、15.1%のみである。その147個の実データの合格率は77.6%(マーク合格57個 記述合格57個 マーク不合格17個  記述不合格16個)で、国公立の時の74.3%よりは高いが、A判定の80%以上には及ばない。

 

 

偏差値帯72.5~74.9で、合格率が79.8%あり、ほぼA判定である。しかし、その上の偏差値帯75.0以上では合格率が72.2%に下がっているため、「偏差値72.5以上でA判定」という表現は現時点ではできない。

 

全統模試(ドッキング)で偏差値72.9以上でも、国公立大学または私立大学の実データの合格率は77.6%しかなく、A判定(合格可能性80%以上)は事実上存在しないと考えて良い。

 

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へブログランキング・にほんブログ村へ