経験の話

テーマ:


今までに経験したことの中に素晴らしいことは沢山あります。


本当に本当に沢山あります。





でも、

実は、

人間は全ての出来事を、頭を通して経験してしまうんです。



と、
悪い風に書きましたが、脳の機能性は本当にすごいですからね◎

そのおかげで複雑なことを僕らはインプットしたり、いろんなことができるんですよ🤗




ただ、

もし、

今まで経験してきたことと全く違うタイプの経験があるとしたらどうでしょうか?



きっとあなたの脳はあなたがキョトンっ😶としてしまわないようにそれを過去に経験した何かと同じものだと置き換えるかもしれません。


または、それを否定的に捉え、拒否するようにするかもしれません。


だって、脳は天才君ですからね。

自分にわからないことがあったら嫌がりそうでしょ。




でも、

その天才脳君の少しだけ行き過ぎた“おせっかい機能”のせいで、


僕たちは自分自身の[無知]を隠すことになってしまいます。




隠した無知は、僕たちが新たな感覚に触れることを間接的に阻止してしまいます。




僕たちは、まだまだ、経験したことのないことだらけです。



そして、その新たな経験をする為の入口は、当たり前の[無知]と共にあることです。





無知。
と言われてあなたは怒りますか?




僕も最初は怒りましたが😁


僕らは全員無知ですよ。


当たり前に無知です。






僕の探究し続ける道は、無知というドアを開けるとあとは一本道です。



知る喜びといつも一緒に歩くだけですよ。




水菜と菊菜。
新しい畑に。