岩屋ダム 堆砂測量 | ブログ 家永技建

ブログ 家永技建

18年前、和室6畳1間から始まった測量会社です。
果たしてこの会社の行く末は?


テーマ:

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

家永技建 ホームページ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「現在、測量士を募集しています。

 経験年数8年以上の方限定。

 ご連絡下さいにっこり



岐阜県下呂市にある、岩屋ダム。




もうすぐ当社で、堆砂(たいしゃ)測量の


調査が始まります。




これは、ダムに年々堆積(たいせき)


される土砂で、ダムの深さが、


どのように変遷していっているかを


測る大事な作業です。




ダムは、長年使い続けていると、




どんどん土砂が溜まっていって、


使えなくなります。




堆砂率が20%を超えると、


堆砂が進行していると言われます。




「ダムは100年経ったら、


砂に埋もれて使い物にならなくなる」


なんて言われるくらいで、




土砂の堆積は、洪水等、豪雨に


よる水害にもつながります。




土砂の堆積による深さの変遷を


データーにして観察していくことは、




災害などの、人命にもかかわる


大切な作業なのです。




↑ この時期、遠方の山は、

   うっすらと雪も積もっています。




↑ 岩石を積み上げて作られた

   ロックフィルダムという種類のダムです。





↑壁面拡大。岩で出来てますね。





↑ このダム湖の深さ(断面)を測っていきます。

   大きいですよ~。



GPSを搭載した船に乗って測量します。


1週間ほど、近くの民宿に泊まっての


作業になります。



クリックしてもらえると嬉しいですふなっしー

 ↓3つもあってすみません

にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

小川 佳子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス