わたしが20歳でアメリカ(フロリダ州)に留学した時

 

語学学校に通った4ヶ月のうち

2ヶ月は寮

もう2ヶ月はホームステイだった

 

 

 

寮に住んだ時は

2人部屋で

 

ワンルームにシングルベッドが並んでて

テレビが1つと

机が2つ

 

 

狭い部屋だから

息苦しくて

3ヶ月目からホームステイに変えてもらったのおねがい

 

 

 

引越しの日は

すっごくワクワクして

スーツケース持って家に入ったんだ音譜

 

 

 

古いけど

ちょっと広々とした部屋を

あてがってもらって

 

 

 

 

 

 

よかった〜爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

なんて思ってたんだけど

 

 

 

 

 

 

 

おばちゃんは1人暮らしで

 

 

 

 

 

 

 

わたしの憧れの幸せファミリーではなかったのえーん

 

 

 

 

 

 

 

それでも気をとりなおして

おばちゃんと仲良くなりたいと思ったんだけど

 

 

 

 

 

 

あんまりフレンドリーな感じじゃなくてゲッソリダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

出てくる食事は冷凍のお弁当みたいなのを

レンジでチンするだけの

 

 

それまでに食べたこともないほどの

まずさだったチーン

 

 

 

 

 

ご飯はあまりにもまずいから

諦めて

 

 

 

ひとりで外食してた笑い泣き

 

 

 

 

 

おばちゃん

ファミコンばっかり

1人でリビングでやってるから

 

 

 

 

 

 

仲良くなりたくて

 

「わたしにもやらせて音譜

 

 

 

 

 

 

って言ったんだけど

 

 

 

 

 

"Not for you!!ムキーッ"

 

 

 

 

って言われたニヒヒ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソだろ!?

なんで?!

 

 

 

 

 

 

って思ったけど

 

 

 

 

 

それ以上もう話しかけることができなかったよ〜ん笑い泣き汗

 

 

 

 

 

 

 

そのまたある日は

わたしの車のバッテリーがあがっちゃって

 

 

車庫にケーブルがぶら下がってたから

 

 

 

おばちゃんに

 

「おばちゃんの車でケーブルつないでくれない?」

 

 

 

ってお願いしたら

 

 

 

"No!!ムキーッ"

 

 

 

 

 

 

って言われて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?!!!

 

なんで?!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って思ったから

 

 

 

 

「おばちゃんの車でつないで助けてよ」

 

 

 

 

って

もう1回言ってみたの

 

 

 

 

 

 

そしたら

 

 

 

 

 

"Not my car!!!!!ムキー"

 

 

 

 

 

 

 

って

叫ばれて

 

 

 

 

なんでそんなに怒るのかわからなかったチーン"""

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悲しかったな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局

車持ってる友達に頼んで

助けてもらった

 

 

 

 

 

 

 

でも

その友達(アラビア人)

 

 

 

 

 

フロントヤードの芝生に車を入れちゃって

 

 

 

ものすごい勢いで

また怒鳴られてたチーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダもそうだけど

 

 

アメリカも

 

家の芝生はみんな

すっごく大切に手入れしてて

 

 

足で踏んだりするのも

本当は絶対ご法度なんだよ(←後から知ったてへぺろ

 

 

 

 

それなのに

そんなことわたし達

留学生はぜ〜んぜん知らなくて!

 

 

 

 

 

まさかの

車での乗り上げだぜ笑い泣き爆弾ドクロ叫び!!

 

 

 

 

 

 

 

 

北アメリカの芝生事情を知っている今では

そんなことは

 

恐ろしくて

絶対できないよ!!

 

 

 

 

 

そもそも

不法侵入だからねメラメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ時に

寮からホームステイに移った友達は

 

 

すっごく優しい

サミーって名前のおばちゃんの家に行って

(↑このおばちゃんの名前は覚えてる。

友達がいつもいつもサミーサミーって言ってたから)

 

 

 

 

 

サミーは

寮まで毎日

車で送り迎えしてくれて

 

 

 

 

 

 

それでもって

笑顔がいつも溢れていて

 

 

 

 

 

なんだか

羨ましくて羨ましくて

 

 

 

 

 

泣きたかった

 

 

 

 

 

 

 

一度サミーの家に遊びに行かせてもらったんだけど

 

 

 

 

 

家はすっごくキレイで

ちょっと裕福そうな感じの

とっても大きな家で

 

 

 

 

 

ほんとに

家族同様くらいに

サミーと友達との距離感は近くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

自分の運の悪さを

 

 

 

心の底から

恨んだよぼけー汗汗汗

 

 

 

 

嘆いたよ汗汗汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後

3年間の留学生活の中で

 

大学に行ってから数ヶ月は寮で過ごしてみたけど

 

 

寮のカフェテリアの食べ物が合わないのが

決定的で

 

結局

最後の2年半はアパートに一人暮らしをして落ち着いたラブ

 

 

 

 

 

 

 

なんだか

幸せ家族には縁がないなぁって

 

 

つくづく

自分のこと思ったよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちは

お父さんとお母さんが結婚してなくて

 

お父さんには本妻がいる状況で

お母さんとは事実婚

 

 

 

 

だから

お父さんと

 

お母さん、わたし、妹の3人は

名字が違ったの

 

 

 

 

 

そのことで

お母さんは

いつも悲しみと恨みを抱いてた

 

 

 

 

 

だから

わたしも家の中は

すごくつまらなくて居心地が悪かった

 

 

なんだか他人の家にいるみたいな感じで

 

 

 

 

 

 

その後

わたしが17の時に

お母さんとわたしと妹は

 

 

 

夜逃げして

お父さんから離れていった

 

 

 

 

 

 

でも

その後1年もしないうちに

 

知らないおっさんが

家に泊まるようになってて

 

 

 

 

 

お母さんは

間も無くそのおっさんと結婚した

 

 

 

 

 

 

18だったわたしは

お母さんが幸せになるのは嬉しかったけど

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

そのおっさんとは一緒に生活したくなかった

 

 

 

 

 

 

だから部屋に引きこもった

 

 

 

 

 

 

それでわたしはアメリカに留学した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカに来てまで

家庭運が

 

 

ない!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って

 

 

 

 

 

心底

落ち込んだなぁえーんえーんえーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になった今でも

 

 

 

わたしが英会話スクールの仕事をしている話をすると

 

初めて会う人でも

こんなことを話してくれる

 

 

娘が留学したけど

ホームステイが最悪だ

 

 

 

とか。。。

 

 

 

 

 

そんな話をチラチラきく機会があって

 

 

 

 

 

 

その度に

過去のかわいそうな自分を思い出して

 

 

 

 

 

 

 

本当に胸が痛むえーん

 

 

 

 

ステイ先を変えてもらうしかないよ

 

 

 

ってアドバイスするけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからわたしは

カナダに来た今

 

 

 

 

とっても!!

 

 

とっても!!

 

 

 

ホストファミリーがやりたいんだーゲラゲラ!!!!!!

 

 

 

 

しかも!

 

 

とっても

温かみのあるホストファミリーが!!!!!!

 

 

 

 

 

 

過去の自分のために

自分を癒すために

 

 

 

 

 

すごくやりたいおねがいドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

家族みたいな距離感で

 

 

世話焼きすぎず

 

 

ほったらかしにしすぎず

 

 

 

 

 

 

みたいなドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜ドキドキ

 

いいな〜ドキドキ

 

そういうのドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

過去の自分が

涙が出るほど欲しかった

 

 

 

 

そんな感じのホームステイドキドキ

 

 

うちには

7歳の娘と5歳の息子がいるからねドキドキ

 

 

旦那もいるしドキドキ

 

 

 

 

 

 

わたしが創り出した

幸せファミリーだよドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

あー

実現したいラブラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

そのホストファミリードキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ〜

また血が騒ぎ出したラブ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんでもって

 

 

 

 

 

 

そんなことができる家を

早く買いたいラブラブラブ音譜音譜音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの

カナディアンドリームドキドキドキドキドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

わたし

 

 

 

この愛ちゃんに

すっごくいいエネルギーもらってるラブラブ

 

 

 

愛ちゃんはね

ノートでポルシェを買ったんだよドキドキ

 

それだけじゃなくて

 

自分がやりたいことに

フルスロットルで挑戦して

 

 

ガンガン

望みを実現していってるドキドキ

 

 

 

 

 

わたしも

挑戦するのが

 

 

最初は

 

 

 

叶っちゃうのも怖い感じがしたり

 

 

 

 

そのくせ

 

 

 

 

きっと叶わないんじゃないかって

絶望的な気持ちがしたり

 

 

 

 

気持ちが

ヨーヨーみたいに

わるい意味で揺さぶられてたけど

 

 

 

愛ちゃんのおかげで

 

 

チャレンジするのが

楽しくなってきたよ〜ゲラゲラアップアップアップ

 

ドキドキ

 

 

 

 

 

愛ちゃん大好き

 

 

 

ありがとうドキドキ

 

 

 

 

 

またね音譜