表題のとおりでございます。

 

ただいま、

夏期講習会

受付中でございます。

 

 

コロナコロナで

学校も満足に行けず、

 

しかし、受験については、

たとえば、共通テスト(旧センター試験)

いつもどおりの日程での実施が発表され・・・。

 

 

結局のところ、

「令和2年度」は

2か月短かった

 

という結論で済まされそうな勢い。。。ガーン

 

 

 

 

こりゃ、大変です!!!ガーン

 

 

 

 

「2か月短くなった」結果、

 

その分を取り戻そうと

この先、学校は

とんでもないスピードで勉強が進むことでしょう。

 

 

もしくは、

「今年中の習得」をあきらめて

来年以降にまわされるかもしれない。

 

「来年」になっちまったら

あとは、もう、なし崩しです。

(実際、そういう指導を目の当たりにしたことが何度もあります)

 

 

「取り戻す」のも

「猛スピードに備える」のも

 

この夏が、すべてです。

 

 

 

 

全国にスクールIEはございますが、

講習会の日程や実施細部は

教室ごとに異なっています。

 

 

千歳烏山校では、

7月25日(土)から

9月5日(土)を

夏期講習期間とし、

 

通常期とは異なる授業時間枠で

個別指導を行ってまいります。

 

 

対象は

小学1年生から高校3年生まで。

(浪人生は応相談)

 

 

 

それぞれのニーズに応じた

個別のカリキュラムを作成し、

 

「夏の成果」をあげる

お手伝いをさせていただきます。

 

 

たとえば・・・

 

 

★都立高校受験を考える中学3年生に向けた

  「都立入試特化型 英数特訓プログラム」

 

★公立中高一貫中学校受験を控えた

  小学6年生に向けた

  「適性検査対策 特訓プログラム」

 

★私立難関高校受験を考える中学生に向けた

  「3教科先取り授業と、応用力養成プログラム」

 

★夏休みを無駄にしたくない小学生に向けた

  「モーニング・サマー 基礎力養成プログラム」

 

★受験予備軍 中学2年生に向けた

  「国語~国文法3年分をカンペキに仕上げる夏」

 

★中学1年生に向けた

  「勉強を得意にする『ラストチャンス』

   1学期復習と2学期予習~2学期中間対策含む」

 

★高校1~2年生対象

  「誰も教えてくれなかった

   古文法のナゾと読解のキモ

   ~10回完成コース」

 

★「Wもぎ 5教科徹底対策プログラム」

 

 ・

 ・

 ・

 

 

という具合に、

 

 

 

 

どんな勉強をしたいか

 

 

 

・・・いや、ちがうな、

 

 

 

 

 

「勉強」を手段として、

どんなことを手に入れたいか、

 

 

それに応じて

 

ひとりひとりの「プログラム」を

ご提案いたします。

 

 

 

集団塾ではありませんので、

 

「●年生は、いつからいつまでの▲日間、

 これこれの教科を、それぞれ何時間ずつ」

 

とか決まってはおりません。

 

 

 

ご都合のつく日時に、

ご希望の教科(内容)

必要な量だけ

受講いただく形になります。

 

 

ですので、

 

 

「ウチの子には

 どのくらいの量、

 どんな内容が必要なんだろう?」

 

 

と思われた方、

 

 

 

まずは、

お気軽にご相談にいらしてください。

 

 

 

 

スクールIE 千歳烏山校

TEL 03-5314-9676

受付時間:14時~22時

 

 

 

 

とはいえ、

 

 

実は、ただいま、

ご相談(ご面談)のご予約が

大変、とりづらくなっております。

 

 

おかげさまで、

多くのお問合わせもいただき、

教室長の面談可能時間が埋まりつつあり、

 

 

曜日・時間帯によっては

1週間ほどお待ちいただく場合がございます。

 

 

 

 

ですので、

まずはご面談のご予約を

お早目にいただくことを

おすすめいたします。

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

写真のチラシにもありますが、

 

 

ただいま、

2大特典キャンペーン実施中でございます。

 

 

 

特典1:

 通常授業受講生としてご入会いただく場合、

 入会金(小学高学年以上20,000円)

 無料とさせていただきます。

 

特典2:

 ご入会に際して、継続した体験授業をご希望の場合、

 90分授業×4回の個別指導を

 「モニター授業」という形で

 3,300円(税込み)で受講いただけます。

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ言いますと、

 

千歳烏山校は

そんなに広い教室ではありません。

 

通常授業については

現時点で、なかなか入りづらい曜日・時間帯が

あるのが事実です。

 

 

ですので、

とにもかくにも、

 

ご面談にしても、授業枠にしても、

 

早目にご連絡いただき、

ご予約いただくことをおすすめしております。

 

(先日も、学習相談のご面談のご希望のお電話をいただきましたが、

 「空き時間」の枠がなかなか合わず、

 しばらくお待ちいただいている状況の方もいらっしゃいます)

 

 

 

 

もう一度、連絡先をお知らせいたします。

 

 

スクールIE 千歳烏山校

TEL: 03-5314-9676

世田谷区南烏山5-24-10

(はっけん通り ファミリーマートさん横)

営業時間: 月~土 14時~22時

 

 

 

写真のチラシに

電話番号が載っています。

 

そちらにお電話いただいてもよいのですが、

そちらは

本部コールセンターへとつながります。

 

教室の我々と直接お話ししたいという方は

03-5314-9676

までお知らせください。

(教室長、日曜と水曜は不在です^^;)

 

 

 

猫kama

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

あなたが一番好きなジェットコースター、教えて!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
 
・・・そんな日があったんだね。
 
 

今日7月9日は

ジェットコースターの日

らしい。

 

1955年というから、今から60年以上も前、

後楽園遊園地に初めて

本格的なコースターが登場したのが

7月9日だったらしい。

 

 

 

ジェットコースター、

大好きです。

 

 

 

とは言え、

マニアではない。

 

「玄人」ですらない。

正直言って、そこまで詳しいわけでもない。

 

 

「詳しいです」とか言うと、

業界の諸先輩方に叱られる。

 

 

 

 

 

 

 

んでも、たぶん

シロートの中では、

少し詳しい方かもしれないね。

 

 

 

これまで乗ってきた中で

個人的な好みの順位をつけてみると

以下のようになる。

 

 

 

 

 

【第1位】

  スチールドラゴン2000

                   (ナガシマスパーランド

コイツの爽快感はハンパない。

高低差とか全長、最高速度、最高部高度など、

さまざまな記録を持っている(一部、過去

間違いなく日本最高スペックのコースター。

(建築法の関係で、これより高いコースターは作ることができない)

 

だけど、

そのスペックを最大限に活かしているのが、

リニューアル後、現在運行している

「むき出し」型で、足が下まで届かないライド。

 

 

 

抑えは、ごくやわらかなクッションだけなので、

両手を挙げて、最初から最後まで

バンザイ状態で走りぬけても

まったく痛くない。

 

 

一度だけ、運よく最前列に乗ることができたが、

1stドロップの突入感もさることながら、

2ndに入っている疾走感と浮遊感は、

文字通り「空を翔んでいる」

たとえるのが一番。

 

 

ずーっと乗っていたいくらい好きだけど、

なにせ遠いので、そんなに気軽に行けない。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

【第2位】FUJIYAMA

                      (富士急ハイランド)

 

 

スチールドラゴンは、遠くて、

なかなか乗ることができないから、

実質的にはFUJIYAMAが

一番よく乗るってことになるのかな。

(八王子住みのワタシ、富士急は1時間で行ける♪)

 

 

まあ、名作ですよね。

1stドロップの急こう配感は、何度乗っても

うひょ~~~いって、思う。

 

後半の激しいカーブの連続のエレメントも

飽きの来ない設計。

(ぶっちゃけ、スチドラは、コースレイアウトそのものは地味)

 

 

ただし、この終盤、

ライドの安全バーに問題があって、

喜んで両手ハンズアップ、バンザイ状態で突入すると

ぐわんぐわん振られて、

ガツンガツン、太もものやや上を安全バーに強打して、

ボクもかつて、家に帰ってきたら

左右両方の下腹部に青アザができてたことがあった、

この点で、スチドラに1票。

 

 

 

 

【第3位】ええじゃないか

                    (富士急ハイランド)

 

 

これは「変態」代表。

 

日本では数少ない、4次元型コースター。

 

 

 

4次元型というのは、

座席自体がぐるぐる回転してしまうヤツで、

ナガシマスパーランドの「嵐」も

スピンコースターとして話題になった。

 

 

ただ、「嵐」は、座席の回転が不規則であるのに対し、

「ええじゃないか」は必ず同じ回転をする。

 

 

実は、ボクは

ジェットコースターが好きと言いながら、

乗り物酔いをしやすいタチでして、

間違いなく「嵐」は酔ってしまうだろう、

だから、一度も乗ったことがない、

あの動きに耐えられる気がしない。

 

 

一方の「ええじゃないか」は、

座席の回転すら、

コースエレメントと考えられるので、

毎回同じ動きというのを

つまらなく感じる人もいるかもだけど、

ボクには非常に快適で心地よい。

 

コース自体にループが多い上に、

座席のぐるぐるタテ回転まで加えると

合計14回転しているらしいけど、

 

さっきまで前向きに走ってたとおもったら、

次の瞬間は、

後ろ向きに吹っ飛んでるっていうことになって、

相当慣れないと、

自分自身が、コース全体のどのへんにいるのか、

まるでわけがわからないと思う。

(ボクはコースレイアウトがアタマに入ってしまっているww)

 

1stドロップに向かっては、後ろ向きで上昇していき、

落ちる直前に真下を向く。

このスリル感と、そのあと訪れる疾走感はたまらない。

 

ただ、あまりにぐるぐるされるので、

相当体力的に疲労する。。。

これは、かなりキツイコースターである。

 

 

 

 

【第4位】カワセミ(東武動物公園)

 

 

これはねぇ、

たかが「動物園のおまけ」と考えちゃなりませんぜ。

 

コースも短い、高度も角度も大したことない。

 

 

けど、浮きまくる。

 

「ステンゲルダイブ」という

珍しい角度の落下方法を取り入れておって、

 

カンタンに言うと、登って落ちるとき、

物理的には「逆」の方向に傾いて落ちる、

なので、いちいち

「そっちかーいっ!!」っていう

ナニワ的な落ち方をする。

 

さらに、非常にスムーズなキャメルバックをはじめ、

とにかく最初っから最後まで、

ひょいひょいひょいひょい浮きまくる。

 

そして、こちらもまた

基本的にはガラガラにすいているので、

 

1回1回が短いからといってなんのその、

最前列に乗って1回目、

最後列に乗って2回目、

真ん中くらいで3回目、と、

 

3回乗車ワンセットで考えるとよい。

 

・・・かなり振られるので、

3回目が終わることには、軽くめまいがしてるけど><w

 


 

【第5位】

 センター・オブ・ジ・アース

                   (東京ディズニーシー)

 

これを絶叫マシンと呼ぶかどうかの議論はともかく、

 

ジェットコースター系のアトラクションのうち、

「ベスト5」を考えようとして、

 

迷いなく、4つまで出てきて、

 

 

あとひとつ。

 

 

 

 

うーん、これもいいなぁ、

あれもいいなぁ・・・。

 

 

なかなかに悩みます。

 

 

 

 

 

 

それで、

 

 

「あと1個だけ乗ってもいいよ、」

 

 

 

と言われたときに、僕が選びそうなのを考えたら、

センターでした。

 

 

 

 

 

ホントは、

「ジャーニー・トゥー・ザ・センター・オブ・ジ・アース」

と言って、

「通」の人とかは「ジャーニー」と呼ぶらしいが、

ボクはずーっと

「センター」って呼んでます、文句あるか。

 

 

 

ぶっちゃけ、絶叫ポイントは

最後の最後のホント数十秒しかないわけなんだけど、

 

そこはむしろ、オマケというかスパイス的なもんで、

 

そこに至るまでの演出が、ホントに素晴らしいですよね。

 

なんなら、並んでるときから楽しいし、

エレベーターに乗って「地下」に「降りる」のも

ワクワクドキドキする。

 

 

何度乗っても楽しめるあたり、

さすがディズニー・クオリティです。

回転率もよい♪

 

 

コースターのスペック自体は

特筆すべきことは何にもないけど、

そこまでの演出と、見事な空間の使い方で、

とんでもないスピードで疾走しているように感じるからスゴイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、5位まで発表しましたが、

このあとは、僕の好きなコースターを、12位までご紹介。

細かな順位の順列は、あまり気になさらぬよう、、、

 

 

 

 

【第6位】スペースマウンテン

          (東京ディズニーランド)

なにせ室内だから、

実際には大したスピードが出ているはずがないのに

あの疾走感は素晴らしい♪

 

 

【第7位】ビッグサンダーマウンテン

              (東京ディズニーランド)

ふつう、ジェットコースターというと、

ファーストドロップに向かって登って、

あとは落ちるばっかだけど、

これは

何度も登っては落ちるのプロセスが楽しめるのがよい。

 

また、ひとつひとつのドロップが程よい落差なので、

絶叫初心者の人でも楽しめると思います。

ウチのチビは、5歳のときに

初めてコレに乗って喜んでいましたw

 

のんびりしているときにも

あちこちに「見どころ」があるのも

ディズニークオリティ♪

 

 

 

【第8位】高飛車(※前列富士急ハイランド)

 

4人以下のパーティーで、絶叫優先券を使うと、

100%後列になって、

名物の121度の落下も、

そこに至るまでのレールも一切見えず。

見えるのは、

前の席のシートの背中(ぐるぐるの絵が書いてある)だけで、

ただ気持ち悪くなるだけ。。。最悪、、、。

なので、必ず5人以上で行くか、フツーに並ぶべし。

 

前に乗れれば、かなり面白い。

 

・・・それでも気持ち悪くなるけど^^;

 

 

【第9位】レジーナ(東武動物公園)

 

もはや、日本国内では貴重となってきた

木造コースター。

 

独特の横揺れが加わるので、

けっこうハードな乗り物になってます。

 

かつて、ナガシマスパーランドには

「ホワイトサイクロン」という美しい木造コースターがありました。

これに乗ったときは、

木造独特の横揺れに振られ、頭痛がしたほどです。

また、よみうりランドにも

同じく木造の「ホワイトキャニオン」がありましたが、

これはキライだった。

安全を考慮してシートを設計した結果、

横が見えないんだもん。。。

 

 

 

【第10位】レイジングスピリッツ

                (東京ディズニーシー)

 

 

まあ、カッコいいよね♪

あの敷地、このスペックで

あれだけの迫力。やっぱディズニーはすごい♪

 

 

 

 

【第11位】アクロバット(ナガシマスパーランド)

 

日本初の「うつぶせ」型ライド。

ナガシマにできて、すぐに出かけた。

とってもおもしろいけど、

とっても「重い」。。。

正直、宇宙飛行士の訓練並みにキツかった。

 

 

 

【第12位】バンデット(よみうりランド)

すっごく直線が長い印象。

昼間乗ってると、森の中を駆け抜けてる感じ。

イルミネーションの時期は

夜のバージョンに乗ることができるけど、

暗くてなにがなんだかわからなかった^^;


 


 

 

 

 

・・・まあ、そんなもんだ。

 

 

ほかにも乗ってきたものは多いけど、

 

なくなってしまったり

(西武園とか「ドドンパ」とか。

「ド・ドドンパ」は、まだ乗っていないので、ノーコメント♪)

 

書くほどでもなかったりということで

ここまでとします。

 

 

 

 

 

 

 

ナガシマ(三重)以西、

USJとか九州とか、逆に東北方面の那須とか、

そして海外モノが一切入っていないのには

理由がある。

 

 

 

 

 

 

 

行ったことがないからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・だから、マニアじゃないんだって。

 

あくまで関東周辺の遊園地を

楽しんでいるにすぎません。

 

 

 

 

 

でも、

 

 

「これだけは乗らなきゃならない!!メラメラ

 

と、久々に使命感に燃えているコースターがあります。

 

 

 

それが

「白鯨」(ナガシマスパーランド)。

 

 

前述の「ホワイトサイクロン」の敷地に

新たに建造された、

美しき、「ハイブリッド・コースター」

 

 

「ハイブリッド・コースター」とは、

木造の構造に鋼鉄のレールを敷いたもので、

木造ならではの横揺れの中、

鋼鉄製の「きりもみ回転」が可能となる。

 

 

白鯨は

日本発の「ハイブリッド・コースター」となります、

これは決して「イロモノ」ではない。

 

 

是が非でも、乗りたい!!

 

 

 

 

・・・そう思いながら1年が経ちました。

 

 

ウチのチビすけも

そこそこに

コースター好きに育ってきたようですのでw

彼女の身長制限が解けるころ、

「なばなの里」を訪れるついでに

「白鯨」を攻略できるといいな、と思っています。

(たぶん「白鯨」を乗った暁には

 「白鯨」がベスト5には入ってくると思っています)

 

 

 

 

 

・・・これでも、マニアじゃないんですよ^^;

 

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

昨日の日曜は

中学生対象の「テスト対策」

を実施しました。

 

参考記事(クリックで記事に飛びます)

 

 

 

 

 

 

そして、もうひとつ。

 

 

生徒たちが帰っていき、

それと交代するかのように

実は、先生たちが集まってきました。

 

 

 

 

そして開催された

「講師研修会」

 

 

 

生徒たちのいないところで、

こうして、こっそり、

先生たちのスキルアップのため、

定期的に研修会を実施しています。

 

 

みんな、なかなかに忙しい人たちなので、

全員が一堂に会するということは

めったにないんだけど、

昨日の研修会は

千歳烏山校所属の先生たちの

ほとんどが集まってくれました。

 

 

 

【青木先生のコーナー】

 

 

 

 

研修の内容について、

ここでは詳しくは紹介しませんが、

(企業ヒミツ♪ww)

 

 

 

 

目前に迫る

「定期テスト」に向けての戦術

 

 

そして、

 

 

夏期講習教務方針、

 

 

これらについて、

共通意識をもつことを目的として

ボクが講義しました。

 

 

 

 

しかし、「講義」といいながら、

先生たちからは

ひっきりなしに質問と意見が飛び交い、

なんなら方針の実現について

意見のぶつかり合いが起こったり、

 

 

うーん、みんな、

真剣に生徒たちのことを

考えてくれているなぁ!

 

 

・・・と、ボクは

彼らの質問に対応しながら

思っていたわけです。

 

 

 

 

 

一般に、

「受験生にとって天王山の夏」

なんて言われます。

 

「夏休みに勉強しない受験生は、受験生ではない」

なんて言った人もいます。

(ボクじゃないよ^^;)

 

 

 

確かに、夏休み中の勉強の仕方は

とんでもなく大きな「差」を生みます。

 

 

 

 

特に今年は、

受験生だけに限ったハナシではない。

 

 

コロナによって奪われた3か月。

 

 

それを補うのは

この夏休みしかない。

 

すべての学年の生徒にとって、

今年の夏休みは

ホントに本当に、

大きな分岐点になるでしょう。

 

 

 

 

 

その夏休みを

生徒にとって

いかに有意義なものにするか。

 

 

 

 

 

 

我々は「真剣」です。

 

 

これから、

ひとりひとりの生徒の

夏休み中のカリキュラムを

組んでいきます。

 

 

ぶっちゃけ、

ボクと青木先生とは

睡眠時間を少々減らす日が続くかもしれない。

 

 

 

しかし、

「ピンチをチャンスに変える夏」を

すべての生徒に提供するために、

頑張ります。

 

 

 

そして、研修に集まった

千歳烏山校の講師陣。

 

みんな、夏に向けて

気合入りまくりです。

 

コイツら、頼りになりまっせ!!

 

 

 

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

 

今日は中学生を対象に

「定期テスト対策」

勉強大会を実施しました。

 

 

 

そーなんです、

期末テストが迫っているんです。

 

 

今回は、コロナの関係で、

学校の授業も遅々として進まず。。。

年間の授業計画について

大幅に変更を余儀なくされたであろう学校の先生方には

そのご苦労とご尽力に対して

心より感謝申し上げます。

 

 

しかし、それでも

もろもろの事情でテストは実施せねばならず、

ようやく週5日の全員登校が始まったと思ったら

もう期末テストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、千歳烏山校では

そもそも、コロナに関係なく、

定期テスト前の日曜は

「テスト対策」という名目で教室を開放し、

「最後の仕上げ」のために

ご利用いただいています。

 

 

・・・今、

「最後の仕上げ」と書きましたが、

 

 

 

ボクは、この「テスト対策」の日を

「小テストの日」と呼びたいと思っています。

 

 

 

 

「テスト勉強」の基本は、

教科書ワークをやることですね。

これは、そのまま

「提出物」を進めることにもなります。

 

 

この「ワーク」のやり方で

「結果」がまったく変わります。

 

 

 

 

「ワーク」の問題を解きますね。

 

何も見ないでぜんぶできれば

そりゃすごいことだけど、

 

ほとんどの子は、そんなこと、ない。

 

分からないところがあるし、

間違える問題もある、

なんなら、まだ習っていなくて、

知らない問題もありますね。

 

 

それを

教科書を調べて空欄を埋めたり、

解説ページから答えを探して書いたり、

塾のセンセイに聞いて書いたり、

すでにもらっている解答・解説をみて

赤ペンで直したり。。。

 

 

 

 

 

赤ペンで直すというのは大切なことです。

 

 

 

 

けど、

それゆえ、

 

 

それで終わってしまう子も多いようです。

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

「解く」

「答え合わせをする」

「赤ペンで正解を書く」。

 

 

 

勉強法としては、

実にマジメですし、正しい方法です。

 

 

 

 

 

けど、

おしい。

 

 

 

 

ここで終わってしまうと

 

 

「自分で問題を解けた」という、

肝心の部分まで

たどりついていない。

 

 

 

 

ボクは、ワークを解くという勉強について

こんな風にたとえます。

 

 

 

「ワーク」をやる1回目は

「健康診断」のようなもの。

 

自分のカラダ~勉強の具合で、

どこか「悪いところ」がないかどうかを調べる作業。

 

だから、

 

バツがつくところ、

わからないところが、

ハッキリわかったほうがよい、

 

それはつまり、

健康診断において

「要治療箇所」が発見できたことと同義だから。

 

 

 

でも、

ワークをやって、

分からなかったところを赤ペンで埋める、という

ここまでだと、

 

 

それは

 

健康診断を受けて

要治療箇所が分かったにも関わらず、

それを放置しているのと同じ状態。

 

 

 

 

 

「治す」という過程があって、

 

ようやっと

 

「健康」になります。

 

 

 

 

 

 

 

ウチの「テスト対策」は、

「小テスト」をメインにしたいと思っています。

 

「ワーク」を進めるのは

家庭学習を中心にやってもらって、

直前期の今は、教室で「テスト」を受けてもらう。

 

 

「テスト」と呼ぶことが大事です。

 

というのは

 

 

 

 

「授業中はわかった」とか

「ワークでやったときはできた」とか、

 

そして

 

「でも、テストだと、間違えてしまう」

 

という子が、とても多いので。

 

 

 

だったら

 

「テスト」で

「マルがつく」、「正解が並ぶ」クセを

つけてほしい。

 

 

 

 

 

今日のテスト対策では、

ボクと根本先生とが

教室内を走り回りました。

 

 

生徒たちは、

それぞれ別の中学校に通い、

別々の学年で、

そして、別々に「課題」を抱えているわけなので、

 

ボクらが走り回って、

「今、キミが必要なのはなに?」と

彼らの「課題」を探って、

 

 

 

それに対応する「小テスト」を配る。

 

そして、答え合わせ。

 

 

生徒たちは

「テスト」に挑戦し、

どこで自分が間違えるかを把握し、

 

 

さっき間違えたところ、

 

できなかったところ、

 

「健康診断」でバツがついたところを

 

 

 

「できる」に変えるべく、

覚える時間をとる、

 

そして、

 

 

もう1回挑戦し

「できた」を体感する。

 

 

 

 

 

中学生に限らず、

勉強に向かう子どもたちは

みんなマジメです。

最初から、

「わざと間違えてやろう」と考える子なんていません。

 

 

 

塾に通っている以上、

彼らは

「わかる」は日常で体感しています。

 

 

けれど、

 

「わかる」と「できる」は違います。

 

 

 

「できる」を体感するには

場合によっては

勉強法そのものを見直す必要があります。

 

 

ボクは、

ウチの「テスト対策」は

「勉強法」を知る場にしてほしいと考えており、

 

今日集まってくれた生徒たちは、

今日の成果を実感して

明日からの教室での自習につなげてほしい、

と思っています。

 

 

 

今日は教室が満席になりました。

 

 

ブースは、3人まで着席できるので、

「3人がけ」をすればまだ座れるのですが、

「可能な限り「密」を避ける」

という目的において、

できるだけ、生徒どうしの間隔もあけるようにしています。

 

 

 

それにしても、

 

今日集まってくれた生徒たちは

実によく集中して勉強していました。

 

午後1時半から5時半まで、

時間にして4時間ということになりますが、

 

この間、私語もみられず、

ほとんどの子が

大きな休憩時間を作ることもなく、

もくもくと自分の勉強を進めていました。

素晴らしいと思います。

 

 

 

けれど、

 

 

そんなに素晴らしい勉強ができるキミたちなら、

今日の日曜だけでなく、

明日やあさっての平日、

テストのその日まで

同じように最大効率の勉強ができるはずだから、

 

明日やあさっても

積極的に、自習にやってきて、

同じようにテストに挑戦してほしいとも思っています。

 

 

 

 

みんなの頑張りがみられた

気持ちのよい日曜でした♪

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

セブンイレブンで

 

 

「おっ!

メローイエローだ!!

懐かしいっ!!!」

 

 

 

・・・って思ったら

 

 

 

 

C.C.レモンでした。笑い泣き

 

 

 

チクショー!

 

 

 

 

 

このキモチ、

わかる人は、

きっとアラフィフ。

 

 

 

 

 

猫kama太夫

 

 

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

 

 

 

【参考資料】

 

 

 

 

7月1日から

コンビニ行くにもマイバッグ持参してます。

 

 

レジ打ってもらったあと、

これに商品を入れてる時間が

なんだか、気まずい^^;

 

あまつさえ、さっきなんかは

入れてる最中に、

支払いの終わったPayPayで、

PayPayビッグなる宝くじ的なものが当たって

高らかに大きなファンファーレが鳴るもんだから、

なおさらこっぱずかしくなったあせる

 

当たったのは3等なので

5%還元でした。

梅雨ですから、

雨がよく降りますね。

 

 

 

子どもたちにとっては

雨で外で遊べない日が続く時期でもあります。

 

 

 

 

 

 

ときに、

 

実はボクにはムスメがおりまして、

 

 

雨で出かけられないとか、

本人の体調が不安で家にいさせたい、とか、

 

それこそ、

コロナ禍でもって、

家で過ごさざるをえない、とか、

 

 

 

そういうときに、

 

自宅内

「宝探しゲーム」を作ってあげます。

 

 

今日も雨だったので、

遊ばせてあげました。

 

 

 

作り方はカンタンです。

 

 

ボクは100均で買ってきた

数百枚セットのメモ紙で作るんだけど、

 

 

こんな感じに、

「隠し場所」を書いた紙をいっぱい用意して、

 

ヒントの示す場を見つけたら、

そこには次のヒントがある、

 

1つ見つけたら、次の場所がわかる、という風に

順番につながるように置いていくだけです。

 

 

 

ウチは2階建てなので、

1階のヒントを見つけたら次は2階に移動、

2階の次は1階に行くようにセッティングします、

これはこれで、なかなか運動にもなっているようですww

 

 

 

ムスメは、このゲームが大好きで、

 

はじめの頃は

「ゴミ箱の下」とか

「おかあさんのカバンの中」とか

はっきりわかるヒントを書いていたんだけど、

 

最近は、ちょっとだけ

アタマを使うようなヒントを書くようにしてます。

 

 

たとえば

 

 

「しろくろ が ならんでる」。

 

 

 

こちら、こたえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「フランス」。

 

 

 

 

 

 

事典を調べて・・・

 

 

これが正解♪

 

 

 

 

 

 

「ゆきだるま の なか」。

 

 

 

 

 

正解は

 

 

オラフのポップコーン入れでした。

 

 

オラフの中には

「トイレットペーパーのなか」というヒント。

 

 

 

 

 

正解

 

こっそりヒントを仕込みましたが

秒殺で見つけられてしまいましたww

 

 

 

 

最後まで見つけると、

「たからもの」が手に入るようになっています。

 

 

 

 

今回の「たからもの」は、

ボクが以前、何かの景品でもらったペンでした。

 

 

 

ただ、ぶっちゃけ、

「たからもの」が何であっても

本人はあんまり気にしていないですね、

それこそ、アメ玉1つでも・・・

 

・・・まあ、文句は言いますが、

 

 

そこではなくて、

 

順番にヒントを見つけていく過程

そのものを楽しんでいるので、

 

 

どっちかというと、

すぐに終わっちゃう方が

怒られます^^;

 

 

 

もちろん、

最後にたどりつくまでの

ヒントの量が多ければ多いほど、

時間がかかることになるので、

遊ばせたい時間を考えて調節します。

 

 

15個くらいのヒントを用意して

30分くらい遊ばせることが多いです。

 

 

 

20分もあれば準備できますが、

 

探す本人がその場にいては

隠すこともできないので、

本人がいないときに

こっそりと仕込んでおきます。

 

 

 

 

もちろん、シンプルなヒントで

十分、通用します。

 

 

「バブ」。

 

 

 

 

 

答え ↓

 

 

「バブ」www。

 

 

 

 

 

 

まだしばらく梅雨は続きそうですし、

コロナ禍は、もっともっと続きそうですから、

 

「おうち遊び」のときに

お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

午後になって、雨があがったもんで、

買い物に行きがてら、

あきる野市の

「あじさい山」に寄ってみました。

 

 

 

 

こちらには、初めて出かけましたが、

 

「南沢あじさい山」というそうです。

 

 

 

なんでも、

 

ご先祖様のお墓参りの道中を

花で飾りたいという思いから植えた「あじさい」、

それがきっかけとなって、

半世紀の後、山は1万本もの「あじさい」が

咲く「あじさい山」になったとか。

 

壮大かつ素敵なストーリーにあふれる

「あじさい山」は、

雨あがりの中、続々と見学の人が訪れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は7月12日まで

あじさい祭りが開催されるとのことです。

 

今日も十分キレイでしたが、

たぶん、来週あたりに

「満開」を迎えるのではないでしょうか。

 

 

 

「南沢」は、地名ではなくて、

 

おそらくは、この山の持ち主である

「南沢さん」のお名前でした。

 

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリックよろしくお願いいたします^^

好きな鶏料理、教えて!

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
「好きな鶏料理」とありますが、
 
「得意な・・・」
っていうことになりますと
 
 
 
こちら。
 
「カリカリチキンステーキ 和風ソース」
 
でございます。
 
 
 
当ブログをお読みの方は
ご記憶かもしれないけど、
料理家のコウ・ケンテツさんのレシピです。
 
ためしに作ってみたら、
これが、
やたらめったら、おいしい!!ラブ
 
 
 
家族にも大好評でして、
 
 
ボクがオフの日は
100%、ボクが夕食をこしらえるんだけど、
最近は、毎オフのたびにこれを作ってる気がする、
家族にとっては週に1・2回だけど(それでも多い・・・)
ボクはオフの日は毎回これを食べているということになる、
けど、それでも飽きることなく
おいしくいただけます♪
 
 
 
玉ネギソースをこしらえて
それを添えていただくんだけど、
鶏肉そのものは、わずかに塩をふるだけです。
 
 
このレシピのポイントは
「焼き方」につきると思います。
 
 
 
もも肉を、大さじ2杯のオリーブオイルで
じ~~~~~っくり、焼きます。
 
このとき、
熱したフライパン、油にお肉を入れるのでなく、
 
火にかけていない、
油も冷たい状態から
火を入れていくんですね、
じ~~~~~~~っくり、
ボクは、12分くらい、ひたすら皮目を焼く。
 
 
皮目がこんがりカリカリに焼けたら、
余分な油を捨ててしまって、
返して身の部分を3分ほど焼く。
 
そのあとは、フライパンからあげて、
余熱で、これまたじ~~~~~っくり、
じわりじわりと、中まで熱を通していきます、
このとき、おいしい肉汁がじっくりと
とじこめられるということです。
 
 
100均で買ってきた油切り用の網で、
余熱を通していきます。
かなりの油が出てくるので、
このとき、すぐにお皿にお肉を載せていると
仕上がり具合が、かなり変わってしまうでしょう。
 
フライパンに残った油で
ソースを作っていきます。
 
 
玉ネギを炒めて、
そこに、
水、酒、みりん、砂糖、醤油で
煮詰めていきます。
 
 
これで、完成♪
 
 
最初の写真では
ステーキにソースをかけていますが、
 
何度か試すうち、
お肉の焼き加減がとっても素敵で、
ソースなしでもおいしくいただけるので、
最近は、ソースは別添えにしています、
 
お肉だけのステーキを十分味わっていただき、
途中でソースをつけて
「味変」もお楽しみいただきます。
 
 
繰り返しになりますが、
熱していないところから
お肉をじ~~~っくり焼くというところに
ポイントがあると思っています。
 
とってもおいしいです♪
 
 
 
・・・なんだか途中から
メニューを宣伝してるレストランの人
のようになってしまった^^;
 
 
今日も、チキンステーキ、焼きましたww
 
 
猫kama
 
↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^

雷はどうやって発生するか知ってる?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 
(水蒸気・氷のつぶ)
 上昇・下降するなかで摩擦がおこり、
 帯電し、やがて落雷する。
 (科学的回答)
 
 
 
 
 
 
高木ブー太鼓を鳴らす。
 (フジテレビ的回答)
 
 
 
 
 
 
「私と戦うつもりか」とか言いながら、
 ムスカがラピュタをいじってる。
 (ジブリ的回答)
 
 
 
 
 
 
①から③のどれかだと思う。
 
 
 
 
猫kama
 
 
↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 
応援クリック、よろしくお願いいたします^^


 

最近は、あまりこういう記事を書いてないなぁ。

 

生徒たちと話しているときには

ネタは湯水のように出てくるんだけど、

それをブログでは

なかなか紹介しきれてないですね。

反省。。。

 

猫kama

 

 

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


塾教育ランキング

 

応援クリック、よろしくお願いいたします^^