(2016-03-19 14:46:16)加担者に対する責任追及 | I dreamt that I dwelt ..Oct.16. ••• 裁判記録(本人訴訟)•••

I dreamt that I dwelt ..Oct.16. ••• 裁判記録(本人訴訟)•••

私の自宅等のプライベート写真を用いながら、1万件を超える誹謗中傷をおこなう
堺市N区の女性に対し、やめるよう求めたことを名誉毀損と主張され、提起された裁判の
最高裁決定をいただきました(2018年3月1日)。理解し支えてくださった方達に、心より感謝します。


テーマ:

裁判の概要(このブログについて)

控訴答弁書(大阪高等裁判所)

 

支援者・関係者の皆さま

 
相手方の周辺の方達に関して、現時点までのご報告をします。
 
まず、相手方と共同で侵害行為を日々続けている方について。昨年弁護士会が声明 をだした事件の、被害者である弁護士に対して、殺害予告をした人物と同一である可能性がほぼ確実になりました(警察に調べていただきました。この方は、2014年3月22日、弁護士を名指して「殺す」とする、極めて悪質なスレッドをたて、殺害予告記事を発信しました。相手方と共同して日々行われている、私に対する名誉毀損・侮辱・脅迫行為と同様です*1)。この方は、インターネット上での言論に規制をかけられており、かねてから不思議に思っていましたが、これで腑に落ちました(警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課が介入していることがわかりました)。この方と、S氏への法的な責任追及は、確定しています。
 
次に、女医についてですが、この方は、侵害記事発信時にはモバイルルータWIMAXを通していましたが、勤務先が判明しています。詳しくは閲覧申請ください。この方への責任追及は、謝罪を待って判断します。*2
 
浅草6のI氏については、関連を今調べているところです。
 
尼崎市の1名(Rさん)からは、謝罪と謝礼をいただいています。
 
神戸市の2名のうちのひとりについては、警察が介入している状況のため、控えます。
 
追記*1:警察への相談を続けている案件です。すでに警察からの取り調べを受けているのかもしれませんが、現在行われている裁判においても、次回期日に(弁護士)殺害予告の証拠を提出予定です。この方は、「日本のサイバー警察を舐めてはならない。サイバー警察はIPアドレスを把握し公表する」との発言を昨年からしきりにおこなっています。人は解離すると自白してしまうのです。(追記4月12日)インターネット上でも、本人の固定IPアドレスが一部公表され、検索により(弁護士に対して「殺す」とする)犯行が確認できることがわかりました。本人のIPを知る方は、よければ検索してみてください。
 
追記*2:4月11日、この方に反省がないことが明確になりました。警察に調べていただいた、nkno.j-cnetおよびwimaxには、おって請求をかけますが、それでも自宅住所が判明しない場合は、職場への訴状送達とさせていただきます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス