篠山城(日本100名城) 5 大書院1と波多野氏 | みどりの木のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ

昨日の続きです。

今回は大書院1と波多野氏です。

展示室から大書院に移動しました。

 

下図大書院虎の間です。

 

大書院の間取り図です。

赤い線に沿って見学しました。

その一部を紹介します。

 

ストロボ撮影禁止なので、

きれいに撮影できませんでした。

藩士の中川家伝来ひな人形です。

明治末から大正時代のもので、

目にはガラスが入っています。

 

解説板です。

 

明智光秀の鎧兜レプリカです。

 

奥の間が手鞠の間です。

 

間取図です。

 

ここで記念写真を撮影しました。

手鞠の間には有名武将のレプリカ

鎧兜があります。

観光客はあまりいませんでした。

豪華な衣装もありました。

 

豪華な衣装です。

 

廊下に出ると

 

南方向です。

 

北方向です。

先に進み右に曲がります。

 

廊下から見た手鞠の間です。

 

大書院北側の廊下です。

廊下にも上段と下段の廊下が

あります。

 

下が北の間取り図です。

赤い線に沿って見学しました。

 

源氏の間です。

源氏物語風の襖絵があります。

大書院模型と瓦の展示もあります。

 

葡萄の間です。

豪華な金屏風があります。

 

北東の角です。

篠山城の梵鐘があります。

この梵鐘は4代藩主の松平康信が

城中の道場にかけていたものです。

その後、京都の寺院に移されました

が、1983年に310年ぶりにもどり、

ここで展示されています。

 

篠山城以前の丹波は

 

戦国時代は波多野氏が丹波で活躍

していました。

丹波波多野氏の出自については諸説あり。

一説に波多野義通を祖とする。また一説

には、因幡国八上郡田公氏の族とする。

さらに一説には桓武平氏系の三浦氏の

出自とも、丹波の豪族・日下部氏の庶流

とも、石見の豪族・吉見氏の庶流ともい

われ、前歴にはかなり不明な点が多です。

応仁の乱で細川勝元(丹波守護)方に属

した波多野秀長が、その戦功により丹波

多紀郡を与えられたのが、丹波に波多野

氏が勢力を築く始まりで、細川政元にも

仕えて以後、波多野一族は多紀郡を中

心に丹波国一円へ勢力を伸ばしました。

秀長の子波多野稙通は、1515年に、

朝治山に八上城を築城し、ここを本拠と

して細川氏とその守護代である内藤氏

と戦い戦国大名として独立を果たします。

三好氏が来ると、配下の松永氏に服属

します。波多野秀治は三好氏の勢力が

衰えると再び独立を果たし、1566年

には八上城を奪回します。

 

虎の間にある波多野秀治の鎧兜

レプリカです。

家紋が抜け十字で、十字が丸の

外に少し抜けています。島津氏

と同じではありません。

 

 

1568年に織田信長上洛の際、赤井

直正とともに信長に1度は降伏します。

1575年からは反織田勢力である丹波

の諸豪族を討伐するために、信長が

派遣してきた明智光秀の軍に加わっ

て織田家のために働きますが、

1576年1月に、足利義昭の信長

包囲網に参加して光秀を攻撃し、

1度は光秀を撃退しました。

2度目の丹波攻め1579年に秀治

は降伏し、秀治は弟の波多野秀尚

とともに信長によって処刑されます。

 

八上城から篠山城築城まで。

 

今回はここまでで、明日に続きます。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。

希望があれば、読者相互登録します。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して読者登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングは出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。