絶景ツアー5 最終回  高ボッチ高原2  | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日は高ボッチ高原の続きで、富士山方向です。

 

薄っすらですが、中央に富士山、右には雲の上に南アルプスの山、

画面左端には八ヶ岳が見えています。

 

広角で撮影しています。手前が高ボッチ山頂です。

 

 

 

中央に諏訪湖があり、左端に富士山があります。

富士山の右側には小さいけれど、南アルプスが見えます。

拡大すると

 

高ボッチ高原の花と雲の上に南アルプスです。

 

南アルプスを拡大した写真です。

 

 

八ヶ岳を拡大した写真です。

 

中央に富士山の写真です。

霞んでいても見えて良かったという思いで

したが、旅行写真サイトトリッピーズ投稿で

見ると、ひさふみさんの絶景写真がありま

したのでお借りしました。

 

お借りしたひさぶみ氏の絶景写真です。

シーイングが最高の時には、こんなにきれいに見れるんです。

富士山がはっきりと見えています。最高の状態写真を撮影し

たいなら、その土地の近くに住まないとだめですね。

 

私の写真ですが、これが精一杯でした。

天候が曇りでこの後は見えなくなりました。

 

手前に解説板がありますが、風化して分かりにくいものでした。

この時は八ヶ岳がよく見えていました。

 

標高1664.9mの標識

 

記念撮影しましたが、富士山が見えないです。

顔は出したいのですが、ネットではほとんどの

人は、まともな普通の人間なのですが、まれに

他人を傷つけ困らして喜ぶような未熟な方もい

るので、顔は出していません。

ところで、昨日NHKの名字を扱う、古舘伊知郎 

さんの番組で、堺の海産物問屋豪商が名字を

許されたときに、「指吸(ゆびすい)」という珍し

い名字にしたそうです。その理由が「食べる物

が無くても、指を吸って耐え、悪いことはしない」

という信念から名乗ったそうです。そういう信念

があるので周囲から信用されて、豪商となった

のでしょう。その問屋は江戸時代から今も存在

していました。やはり信用第一が良かったので

しょう。

ネットでは悪口を言わず、相手をリスペクトして

対応するという基本を大事にしたいと思います。

これはネットだけではない、世間の常識ですね。

 

バスツアーでしたので、帰りにバスから夕焼けを

撮影しました。

 

 

 

 

夕焼けがきれいな絶景でした。

 

降車地の、大阪ミナミの難波に到着したのは、

高速道路が混んでいたので午後8時頃でした。

 

今日はここまでです。明日からは大阪の住吉大社

紹介です。その次の予定は有岡城です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス