ワルシャワ紹介 7 世界遺産城壁都市内部 後編 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日は 世界遺産城壁都市内部 後編です。

 

城内の通りです。花屋とかカフェがあります。

 

 

 

 

 

細い路地の向こうに聖ヨゼフ大聖堂が見えます。

 

裏通りです。

 

道路に面して多くの家に、小さい窓があるのですが、

玄関からは出し入れしにくい物をここから出し入れ

したそうです。また、戦後の突貫工事で再建したの

で壁に割れ目やヒビが入っています。

 

この①辺りから城壁を見ると

 

城壁と撤去された城壁跡の印のラインです。

拡大すると

城壁跡の内側から見たところです。

水まきの男性がここにも写っています。

 

正面から見た王宮です。

 

 

城壁は2重に造られています。

 

城門(Barbican)を内側から見ると

内側から見た城門です。楼門になっています。

日本の城にある枡形機能を持っているようです。

 

内側から見た城門です。

 

2重の城壁と城壁の中間部分です。

 

外に出ると

外から見た城門です。

右の方に歩いていくと

先に見える小さい門の方に行きました。

後世に生活の利便性のために造られています。

 

この小さいもう1つの新しい門です。

2重の城壁が正面から見えています。

この橋の上から撮影しました。

楼門方向です。

この反対方向は

 

 

今日はここまでです。明日が最終回です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス