イスラエル旅行記37 死海観光 前編 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日はバスで死海までいった途中の様子です。

 

死海に行く途中にはベドウィンの人達の村があります。

放牧民なのでテントよりはましということなのでしょうか。

 

海抜約800mのエルサレムから、東の方に下ると

海抜ー420mの死海があります。近年は灌漑の

発達などで、1年間にー1.5mも海面が下がって

います。、このままでは数十年で干上がってしまう

可能性もあるため、観光資源としての死海を守る

ために、紅海から死海までパイプラインを敷いて、

水資源として真水を取り出した後の高濃度の海水

を死海へ流す計画です。これは隣のヨルダンも同

じ問題なので協力しています。

 

ベドウィンの村です。

 

この時は乾季ですが、雨期には雨が降るので

枯れた川があります。

 

同上

 

次は海抜0mの石碑です。

 

海抜0mの石碑です。

 

 

 

ここで撮影しました。

 

 

 

横の谷も枯れた川です。水の流れた跡があります。

 

さらに下っていきます。

 

 前をトヨタの車が走っていました。

イスラエルの車の約3割は日本車です。

このヨルダン渓谷はアフリカプレートと

アラビアプレートの境目にあり、マグマ

活動も盛んだったため、周囲には温泉

がたくさん湧きだしてます。

 

自動散水の灌漑により出来たヤシ畑です。

ヨルダン川はじめ7つの川が流れこんでいますが、

このような灌漑施設で流れ込む量が減少していま

す。

 

これも雨期には川になる所です。

 

死海の近くまで来ました。

 

 

 

施設について昼食を摂りました。

 

ビュフェ形式の食事です。

 

窓の外に死海が見えています。

 

 

食べ過ぎました。

 

 

 

 

ここがシャワー・更衣室です。右端にお手洗いがあります。

 

更衣を終えて浜辺に行きます。

 

水面が低下しているので、浜辺がかなり先のほうにあります。

昔はこの近くまでありました。

 

今日はここまでです。明日は死海浜辺とエリコの町です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.