イスラエル旅行記9 ベツレヘム1 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日はエルサレムの南約6kmの所にある

ベツレヘムの紹介です。ここはイエス生誕

の地として有名です。

しかし、紀元前1000年頃にダビデ王の生

まれた地でもあるのです。町は台地になった

丘陵地帯にあります。周囲には耕作地や牧

草地が広がり、ダビデが若いころ羊飼いを

していた場所でもあります。なので、イエス

はダビデの子孫という話もあります。

 

この丘の上にイエスの聖誕教会があります。

降誕教会とも言います。

 

  この地図からもわかるように、ベツレヘムは

パレスチナ自治政府内にあります。なので国境

を越えて行きます。

 

イスラエルが造ったパレスチナ自治政府との国境分離壁です。

 

この門の向こう側がパレスチナ自治政府になります。

イスラエルは日本車が約3割ほどもあります。前方に

マツダの車が見えます。

 

ここを越えて少し行くと、土産物屋の店で

パレスチナの業者の車に乗り換える必要

がありました。そういう決まりだそうです。

土産物屋さんで売っていた最後の晩餐場面の置物です。

最後の晩餐では床に直接座っていたそうです。ダビンチ

の絵画は椅子に座っていますが、それは間違いだそう

です。

 

イエス誕生場面の置物です。

見事な出来栄えでした。

 

土産物屋さんにあったベツレヘムの町の写真です。

ここでも禁煙マークがありました。

 

バスからこの小さい車に乗り換えました。

 

この車で最初の写真の所に着くと

 

下図①から撮影の聖誕教会です。

聖誕教会はカトリック教会(フランシスコ派)・ギリシャ正教会・

アルメニア教会で周辺が区分管理されています。中央部分は

共同管理です。

 

「地球の歩き方」から引用の地図です。

 

この反対側は

メンジャー広場です。

高い塔はジャーマ・アル・オマルの塔です。

 

グーグルより引用したベツレヘムの地図です。台地の上にあります。

 

イエス聖誕教会です。

イエスの父ヨセフと母マリアは「人口調査」のため、

ナザレからヨセフの生まれた、このベツレヘムに

戸籍登録に来ました。

いい宿が無いので洞窟の宿に身を寄せます。そこ

でイエスが誕生します。その宿は馬小屋だったと

いいます。その時にヘロデ王が新しいユダヤの王

が生まれると聞き、乳児を皆殺しにしようとした

ので、親子はエジプトに逃げて、ほとぼりがさめた

頃にナザレに戻っています。

 ローマ帝国のコンスタンチヌス帝の母ヘレナが

385年に、この場所に教会を建てました。当時の

モザイク画が地下から発掘されましたが、現在の

建物は十字軍時代のものです。イスラムの襲撃

から教会を守るために、要塞化しています。入口

も小さくして、外敵が馬で攻められないようにして

います。

 

近づくと

小さい入口(謙虚のドアと言われます)から中に入ります。

 

中に入り入口方向を見たところです。

この反対側は

聖誕教会です。この中央部分は3教会の共同管理です。

壁には発見された、十字軍当時のモザイク画が見えます。

最近まで漆喰で塗り固められていて、モザイク画があると

は分かりませんでした。

これらのモザイク画は12世紀、十字軍国家エルサレムの

王アモーリー1世と、ビザンツ帝国の皇帝マヌエル1世コム

ネノスの命によって制作された。ガラス、貝の真珠層、石の

タイルからできており、透明なガラスの下には、金や銀が

押し葉のように敷かれています。床に空いた穴の下にロー

マ時代のモザイクが見えます。

十字軍当時のモザイク画です。

失われた部分は漆喰で塗られています。

 

十字軍当時のモザイク画です。

 

十字軍当時のモザイク画です。

 

これはさらに古いローマ時代のモザイク画です。

十字軍はローマ時代の地面の上にこの教会を

築きました。

 

 

今日はここまでです。明日に続きます。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。