イスラエル旅行記7 ゲッセマネの園 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

 

今日はオリーブの丘から坂道をさらに下り

ゲッセマネの園に行きます。

ゲッセマネはオリーブ山の北西麓にあった

地名で、オリーブの木の植えられた庭園風

の場所だったためゲッセマネの園(その)と

も呼ばれています。

ゲッセマネの意味は「オリーブの油搾り」を

意味するとされます。 福音書ではイエスと

弟子たちが最後の晩餐のあとに祈りを捧げ、

また、イエスがユダに裏切られ捕えられた

場所とされます。ギリシャ正教会では聖母

マリアが埋葬された場所といわれています

ので、横にマグダラのマリア教会もあります。

また、万国民の教会もあります。

 

オリーブ山から坂を下る所です。車の通る車道

なので注意が必要です。

 

この坂を下ると

 

坂を下った谷底にゲッセマネの園があります。

右側がゲッセマネの園です。

 

中はオリーブ畑です。手前はタチアオイの花です。

 

タチアオイの花です。

 

オリーブの古木が8本あり 

千年以上の古木もあります。

 

これが最も古い古木です。

 

同上

 

2000年前のエルサレムの想像図ですが、

テゲロンの谷の所に、ゲッセマネの園が描

かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右は万国民の教会です。

この先にイエスが祈った

岩があります。

 

 

 

 弟子たちと最後の晩餐を終えた後、

イエスはゲッセマネの園に入り、この

後のことを予感しながら、この岩の所

で血のような汗を流して、父なる神に

祈り続けました。とルカによる福音書

の22章にあります。

 

拡大すると

祈るイエスの像があります。

背景の窓はイタリアアッシジ

の、フランシスコ会の万国民

の教会の窓です。岩が内部

に繋がっています。4世紀後

半に教会の跡が発掘されて

から、ゲツセマネの園である

といわれてきました。

 

 

 

これも古いオリーブの古木です。

 

今日はここまでです。明日は万国民の教会です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス