河合寺城の紹介 後編 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

 最初に人探しのお願いがありましたので、

紹介しておきます。滋賀県の23歳の男性

ですが、4月初めに車で家出をしたそうで、

親が警察に捜索願を出したそうですが、

毎日千人以上の方に見てもらっています

ので、このブログでも掲載します。

その方の親のブログリンク先はここです。

協力お願いします。

 

それでは河合寺城の後編に戻ります。

最初に昨日の記事で、勘違いの場所

がありましたので訂正しておきます。

下図にある、木戸を設けたと思われる

場所①です。昨日の記事では⑥の位置

でしたが、訂正して下図①の位置です。

諸越橋を渡り上り坂50mくらいの所が

①です。

勘違いして申し訳ないです。

グーグルより引用の河合寺城の地図です。

 

諸越橋手前から①を見たところです。

 

①の所です。右側に石川の支流があり、

川の向こう側には、現在は河内長野荘

という温泉施設があります。石川に冷泉

が湧いているので、その冷泉を利用した

施設です。この施設も当時は曲輪のあっ

たところと考えられます。なので、⑥の所

に二の木戸を構えれば、①と⑥の木戸

と左右の山の曲輪で、天然の枡形構造

となります。当時は鉄砲が無いので、弓

攻撃できる距離です。

 ここから2.5km先に観心寺があり、

南朝2代目天皇の後村上天皇が奮戦

した、南朝の本拠地になります。そこを

守るための河合寺城だったと考えられ

ます。

この①の木戸を抜けると、両側は少し広くなります。

⑥の辺りから①方向を見たところです。

川向こうには台地の上に河内長野荘があります。

この反対側は

⑥でまた両側は狭まります。

 

③の辺りから撮影した、二の丸広場です。

もともとの平坦地ですが、明治以後には

さらに平らにされた可能性があります。

南北朝当時はここに楠木軍・僧兵・修験者

などが駐屯していたと考えられます。

 

次に④の所に行きます

 

途中で散歩していたかわいいトイプードルです。

急に写真を撮影したのでびっくりした感じです。

吠えてないのですが、口を開けて「あ」とか言っ

ているようです。

 

上に見える建物の所が④です。

 

④の所です。花見の方がいます。

もう少し上ると

花見の方が見えます。ここも曲輪と考えられます。

さらに少し上がると

④にある曲輪と考えられる花見の広場です。

 

もう一度同じ地図です。④からさらに本丸に上がります。

 

④からさらに本丸に上る階段です。

左端上に本丸が見えています。

 

頂上が本丸です。

階段を上ると

坂の上に本丸跡が見えます。

今は本丸に展望台があります。

 

上った所にある本丸広場です。展望台があります。

昔風の建物にして欲しかったです。

展望台の屋上に上がり撮影しました。

本丸展望台屋上から振り返り見たところです。

この先には見張り台跡があります。

 

本丸の北側です。切岸ではないかと思える

急峻な崖になっています。

この展望台からの風景は

視界が良い時は遠くに神戸六甲山が見えます。

晴れていますが、この日は春霞で見えません。

 

展望台から見える風景の現地案内図です。

解説の文字は案内板が古いので読みずら

い状態でした。烏帽子(えぼし)形城も楠木

正成の造った城で、狼煙などで連絡がとれ

ました。

 

展望台からの眺めです。

 

展望台から斜光マクロ撮影した桜です。

 

次に、見張り台の方に行きます。

戦国時代には天守と言われました。

この坂を進むと

 

この坂の上が最高所の見張り台です。

 

ここが見張り台跡です。南北朝当時は天守が無く、

粗末な見張り櫓があったと考えられます。

狭い場所で木々があり、視界がきかないのが

残念です。ここでは基準点が奥の方に見えます。

 

見張り台跡にある、上の写真に見えている測量の基準点です。

 

以上で桜咲く河合寺城の紹介を終わります。

明日はここ長野公園河合寺城跡の夜桜写真です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。

毎日午後8時半頃に更新しています。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス