明石城の紹介4 大手門枡形と内堀跡・藩主御殿跡 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日は 大手門枡形と内堀跡・藩主御殿跡です。

現在は球場や広場になっています。

 

下図③にある大手門枡形です。

 

グーグルより引用の明石公園です。

 

江戸時代の明石城の古絵図です。

この古絵図を半透明にして、さらに回転拡大縮小して、

上の現在の写真に合成しました。

 

合成した写真です。

 

③→④に歩きました。

大手門枡形跡内です。

 

大手門枡形跡内です。

 

枡形を抜けて④辺りから振り返り見たところです。

 

枡形を抜けて④辺りから振り返り見たところです。

この右側には「とき打ち太鼓」があります。

 

模擬復元された「とき打ち太鼓」です。

 

ロボットの武士が太鼓を打っています。

拡大すると

「とき打ち太鼓」です。

 

とき打ち太鼓の解説板です

町民に時を知らせるのが藩の仕事でした。

 

 

④から見た本丸方向です。下の合成写真から左側の道の先に内堀がありました。

 

 

 

左側にあって欲しかった、昔の御殿・内堀の紹介がありません。

明石トーカロ球場が藩主御殿跡になります。

左の道を行くと

 

 

 

 

本丸の櫓がよく見えます。左右櫓の中央なので、

ここが中堀の跡です。

 

この辺りは内堀内です。

この左側は

⑥辺りの内堀の中です。県立農業高校跡の石碑があります。

 

駐車場のある⑤の所に内堀の門があります。

⑤から駐車場内を撮影しました。

ここに藩主御殿に入る門がありました。

 

 

 

下が南の合成地図です。

 

⑦から見たトーカロ球場です。トーカロとは命名権のある会社名です。

ここは全国高校軟式野球大会があります。

昔はギネスに載る、60回まである得点板がありました。

 

⑧から南方向を見たところです。

ここには内堀がありました。

 

本丸で塀越しに見た藩主御殿跡の明石トーカロ球場です。

右端に坤(ひつじさる)櫓が見えます。天守代わりであった

三階櫓です。

 

本丸の塀越しに見た、内堀内跡の風景です。

 

今日は此処までです。明日は武蔵の庭園です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
「相手わかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 </</

みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス