みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

今日は岡山砦の紹介です。

 

 大坂冬の陣及び夏の陣で、徳川家康の三男:徳川秀忠が

本陣を置いた場所といわれています。

 

岡山砦(御勝山ともいいます)は、岡山古墳を利用した陣城です。

前回の難波パークスに行く前にここに来ました。

 

徳川家康の長男:信康は去年のNHK大河ドラマでもありまし

たが、武田と通じたと、信長に言われて殺害されています。

次男の結城秀康は母の身分が低いので、他家に預けられて

いて、徳川家を相続できませんでした。松江城の紹介でその

子孫が松江藩松平家になったことを書きました。

 

家康次男の系図です。

三男の秀忠が徳川家の跡を継いで二代目の将軍になりました。

 

大坂冬の陣の布陣図です。(ウィキペディアより引用)

岡山つまり岡山砦に秀忠の陣があります。この時は

籠城戦いが長引いて和議になりました。

翌年の夏の陣でも秀忠はこの岡山砦を利用し、勝利

したことから、「岡山」と呼ばれていたこの墳墓を御勝

山と名づけています。

 

大阪夏の陣の布陣図です。(ウィキペディアより引用)

外様大名の多くが先鋒になっています。

 

5月7日(6月3日)未明、最後の決戦のため豊臣方は大坂城を出発し、現在

大阪市阿倍野区から平野区にかけて迎撃体制を構築しました。

戦いの前に、岡山口は大坂方の、大野治房を主将に新宮行朝、岡部則綱らが、

後詰に御宿政友、山川賢信、北川宣勝ら計4600人が布陣しています。

徳川方は岡山口には前田利常・井伊直孝ら計27500人。その後方に徳川秀忠

の23000人が本陣を置きました。

 

高度差を色で示した、国土地理院の航空レーザー測量による地図です。

古代から上町台地が、北の大坂城まで伸びています。

天王寺口の戦いは以前紹介しました。ここのリンクにあります。

 

岡山口の戦いは

夜明け頃に、

徳川秀忠は天王寺方面の銃声を聞き進撃命令を出します。

立花宗茂は秀忠本陣が突出しては敵の突擊を誘うため後退

すべきだと建言しますが聞き入れませんでした。

戦闘が始まると先鋒の前田勢は大野治房勢に崩され、前田

勢を支援するために二番手井伊直孝、藤堂高虎勢が進撃し

ます。この陣立ての乱れに乗じた大野勢が秀忠本陣に殺到し、

旗本先手の土井利勝勢が崩れ一時大混乱となります。秀忠

自身が鑓を手に取り戦おうとするのを、本多正信が大局的に

見れば味方は勝っており、将軍自ら手を下す必要はないと

諫めています。
黒田長政、加藤嘉明勢によって敵を防ぎつつ秀忠は本陣を

後退させようとしますが、立花は敵は疲態でこれ以上の攻撃

ができず、また後退すると士気が下がると再び建言します。

旗奉行三枝昌吉が旗を立て直すと散っていた将兵が集まり

だし、次第に秀忠軍は攻勢をはね除け反撃に転じ始めます。
大野治房は、敗兵を収容しつつ城内に撤退しました。そこで、

秀忠が冬の陣と同じ岡山砦を本陣にします。

この間、後詰大野治長、七手組は秀頼の出馬を待っていた

のですが、淀殿の説得に手間取り、秀頼が出馬した頃には

家康・秀忠本陣に突撃した豊臣方の軍勢はすでに撃退され

ていました。体勢を立て直した幕府方の圧倒的兵力と火力

の前に豊臣方の陣立ては15時頃には崩れ、天王寺口でも

毛利勝永指揮のもとに城内へ総退却しました。

 

大阪環状線の桃谷駅からここまで歩きました。

 

グーグルより引用の地図です。

 

大阪市生野区役所です。生野区は在日朝鮮人の方が多く暮らす街でもあります。

 

さらに進んで

歩道橋のある所が岡山砦跡です。

 

岡山砦です。最初の写真にある石碑が見えます。

 

今日は此処までです。後編は明日です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。