みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

今日は 仙洞御所から修学院離宮までの移動です。

 

 仙洞御所を出て、2017年11月4日12時半頃に鴨川に出ました。

鴨川の上流方向です。この日は天候が良くて気持ちのいい日でした。

 

鴨川を渡り

対岸の神宮丸太町駅です。

京都市バスが来たのでここからバスに乗り、下図の修学院前

まで移動しました。

 

叡山電車の修学院駅にあった地図です。

ピンクの線に沿って歩きました。

 

白川通り沿いにあった鷺森神社の石碑です。

ここから東に二丁とあります。

鷺森神社は貞観年間(859年 - 877年)の間に創建されたそうです。最初は比叡山麓、

赤山明神の付近に祀られてましたが、応仁の乱の兵火で罹災し、今の修学院離宮の山

林中に移されます。しかし、修学院離宮造営の為、霊元天皇の思召しにより現在の鷺の

社に社地を賜り、元禄2年6月御遷座になり修学院山端の氏神社となりました。

石碑の右には、千種忠顕の拠った雲母城の石碑があります。南北朝時代に京都に迫った

足利軍の中で、雲母坂では尊氏の弟の足利直義と千種忠顕が戦い、忠顕は修学院離宮

の裏山にある雲母城で戦死しました。

 

グーグルから引用の地図です。

 

①の地点です。この川沿いに北東方向に歩きます。

 

②の地点です。左の道を行きます。

造営中は後水尾上皇も、この道を女装して輿に乗り通ったのでしょう。

 

②と③の間に、南に行けば石川丈山の詩仙堂へ行ける石碑があります。

 

石川丈山は天正11年(1583年)に、三河国泉郷(現在の愛知県安城市和泉町)の

代々徳川家(松平家)に仕える譜代武士の石川家に生まれました。
慶長3年(1598年)、徳川家康の近侍となり、その忠勤ぶりに信頼を寄せられます。

大坂夏の陣に参加したが、軍令に反して抜け駆けの先登をしたため家康に怒られま

す。そのため丈山は浪人となり妙心寺に隠棲します。その後、洛北の一乗寺村に、

詩仙堂を寛永18年(1641年)に建てて、終の棲家と定めました。この頃、後水尾

上皇からお召しがあったが「渡らじな瀬見の小川の浅くとも老の波たつ影は恥かし」

と詠んで断わります。上皇はその意を了として丈山の歌を「渡らじな瀬見の小川の

浅くとも老の波そふ影は恥かし」と手直しして返したという。清貧を旨として学問に

没頭し30数年を過ごし、松花堂小乗や本阿弥光悦・小堀遠州とも親しく、1672年

に90歳で死去します。一説には家康に頼まれて後水尾上皇の監視をしていたとも

言われます。

 

小池さんの希望の党のポスターがありました。

「排除」と言う言葉で失敗しました。「うそ」をついた政治家は

お断りで良かったですね。きつい言葉は身を滅ぼしますね。

 

さらに歩くと

鷺の杜神社御旅所がありました。

 

③の所です。左に行けば赤山禅院とあります。

ここは直進します。

 

 

直進すると

修学院離宮の総門があります。

 

午後3時からの参観でしたので、1時間半以上待たないといけませんでした。

テントにいた係りの人が、日本最古の都七福神が祀られた、赤山禅院の見学

をしてはどうかと言ってくれたので、赤山禅院の見学に行きました。赤山禅院

については後日紹介します。

 

 

今日は此処までです。明日は修学院離宮の参観です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。