みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:

昨日の続きです。

 

昨日は醒花亭まででした。

醒花亭です。

 

醒花亭の前面北側にある蹲踞と灯籠です。

 

 

醒花亭の西側です。下図⑮から撮影しました。

ベンガラ色壁の色がいいですね。

入ると土間があり台所・水屋・厠・寄付・入側・

書院からなり、建坪92㎡です。

 

参観者休所にあった絵地図です。

 

赤い矢印に沿って参観しています。地図右下に悠然台があります。(パンフレットから引用)

 

パンフレットより引用の悠然台跡です。

仙洞御所内では最も高い所にあり、小亭悠然台が

ありました。亭からは京の祭や町衆の営みが見え、

さらに遠くには安土桃山城まで見えたと言います。

上皇はここから祇園祭などを見たのでしょう。

 

⑯の右にある栄螺山です。

サザエの殻を伏せた形に似ているので、

サザエ山と言われます。小塚の上部は

鉢巻状の石垣があります。もとは古墳

だったようです。

 

サザエ山の横を通る脇道です。

 

⑯から北に歩きます。

 

 

銀杏も紅葉していました。

 

⑰辺りから撮影しました。柿本社が見えてきます。

 

歌人の柿本人麻呂を祀る社です。手前に小さな拝殿があります。

この左側は

幕末に火事で焼失した仙洞御殿(院の御殿)跡です。

今上天皇が上皇となられるので、ここに新しい院の

御殿を建てて住んでほしいですね。

 

こちらも西方向の仙洞御殿(院の御殿)跡です。

 

参観者休所にあった古絵図です。

江戸時代の仙洞御所の絵図ですが、西側(下側)の院の御殿と庭は、

この絵図から木戸で区切られていたようですね。

 

参観者休所にあった絵地図です。

 

⑰辺りから⑱方向を撮影しました。

南池が見えてきました。

 

江戸時代の仙洞御所南池です。中央の島は蓬莱島です。

 

⑱から撮影の州浜と南池です。

 

⑱から撮影しました。

州浜の横にある通りは、桜並木があったので桜の馬場と言われました。

 

八つ橋です。

 

八つ橋です。

北に歩くと

南池から見た紅葉橋です。

 

 

北池の紅葉です。

 

最後に以下は、参観者休所にあった写真です。

白熱灯の赤みを帯びています。

雪の降る1月の醒花亭です。

 

紅葉橋付近の11月の紅葉風景です。11月末頃でしょうか、

私は2017年11月4日に参観して撮影しています。

 

雪の降る1月の又新亭です。

 

6月の藤の花満開の八つ橋です。

 

これで仙洞御所の紹介は終わりです。明日からは修学院離宮の紹介です。

 

読者募集中ですので、読者登録はここのリンクです。
希望があれば、相互登録します。相互アメンバーも募集中です。
どちらもチェックを外して「読者とわかるように」に設定して登録してください。
読者のブログ村・ブログランキングを出来るだけ押しに行きます。

 

Ctrlキーを押したままで、ポチしたら画面が飛ばされません。
 
お手数ですが、よろしく。下矢印ダウンぽちっと下矢印ダウン押すだけ
                                              にほんブログ村 歴史ブログへ

 

                                               ブログランキング・にほんブログ村へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

 

                                               にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

                                               
                  お願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

みどりの木さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。