赤穂城の紹介その2 | みどりの木のブログ

みどりの木のブログ

毎日UPでブログ


テーマ:
 前回の続きです。
今回は本丸を中心に紹介します。


絵図⑧の本丸門です。桝形になっています。
下の写真は明治初年の解体破却前です。


明治初年の本丸門です。見事に修復されてます。


本丸の絵図です。


本丸の説明板です。
案内の順番に戻ります。

案内板の⑦からの紹介です。⑦の上三叉路に下の写真


討ち入りで有名な、片岡源五右衛門宅跡があります。


⑦から少し右の位置からの写真です。
二の丸に入ると


山鹿素行の銅像があります。彼は近代戦向きの縄張りを提案した人で、
五稜郭のような星形に近い縄張りになっています。
この城が星形として、1660年代に完成したことに値打ちがあります。


⑦から⑧への二の丸です。右は大石頼母助屋敷門
で、その向こうは2の丸庭園ですが、まだ完成してい
ませんので非公開でした。


⑧から少し右によって、2の丸から本丸門を撮影しました。


本丸門を本丸内部から撮影しました。
この本丸門櫓内部が特別公開されていました。


本丸門の櫓内部です。


本丸御殿絵図です。


横矢桝形とありますが、実際は銃撃戦用の枡形です。


⑩の位置からの御殿庭園です。


天守台ですが、残念ながら天守閣は建造されませんでした。
ただ、最近は討ち入りの祭りがある12月下旬には電球で
模擬天守閣が設置されます。


庭園の池に写る模擬天守閣(祭りの写真お借りしてます。)

天守台に登ってみると


天守台から見た庭園です。


天守台から見た本丸桝形門です。


天主台から⑫の門に行く途中です。


⑫の位置からの厩口門です。内部左右に銃眼があり
2重の門にすれば桝形になりますね。


門の説明板
門を出て2の丸から厩口門を見ると


厩口門を外の2の丸から見たところ。
石垣のカーブしたところが珍しいそうです。
直線より広角度で射撃できる利点があります。
形状は上から3番目にある写真の、本丸絵図にあります。

3番目の跳ね橋門は復元途中です。

5万石にしては立派なお城でした。
次回は赤穂の城下町を紹介をします。










みどりの木さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス