アイドルソロクイーンコンテスト公式ブログ -2ページ目

アイドルソロクイーンコンテスト公式ブログ

アイドルソロクイーンコンテストの最新情報をお届けします。

地区予選免除のシード権についてのルール変更があります。

 

これまで優勝者のみ翌年の地区予選免除でしたが、3位まで、地区予選免除のシード権を付与します。2019第6回大会の上位3名は、来年度第7回大会の地区予選を免除いたします。

 

また、歴代優勝者には永久シード権を付与します。

優勝 瀬奈ジュリ(143∽)(23歳)

●アイドル活動歴 4年 現在のグループは2グループ目

●ダンス歴 19年 4歳から名古屋のダンススクールに通う 

「2年前の大会は、同じグループだった椿リンカの応援で会場で見ていました。今回は、星咲メグと椿リンカが出るというので、勇気を出して出場しました。ダンスは得意ですが、歌は全然自信なくて、地区予選から準々決勝、準決勝と1位で通過したのでびっくりしました。のどの調子も悪く、ずっと緊張で死にそうでした。今までダンスのコンテストでもあと少しで優勝できないことが多くて、今回もあきらめていたら、優勝だったので本当に驚きました。まだ夢のようです。」

 

 

第2位 Nao+(24歳)

●アイドル活動歴 2年 2つのグループで活動後、ソロ活動

●歌手歴  8年 16歳から博多のボーカル教室に通う。18歳の時、歌手になるために上京。

「昨年は準決勝で敗退したので、今回は決勝に行くのが目標でした。歌の1位は狙っていました。ダンス、集客は弱いので、総合で2位に入ったのはびっくりしました。秋のベストシンガーコンテストでは絶対優勝したいです。」

 

 

第3位 西田早希(20歳)

●アイドル活動歴 グループで5年、ソロで3年

●歌手歴 8年 12歳から歌のレッスンを受ける

●ダンス歴 7年 13歳からダンススクールに通う

「今回は前回優勝者として参加させていただいて、いつもとは違う緊張がありました。出るからには勝ちたいので、2連覇を目指して挑みましたが達成できず、とても悔しいです。今年もみなさんのパフォーマンスがすごくて、たくさん刺激をいただきました。もっと私もがんばらないとと思いました。」

 

 

ラジオNIKKEI「第6回アイドルソロクイーンコンテスト特番」を6月1日(土)放送いたします。今回は上位3名の方が出演いたします。優勝の瀬奈ジュリさん(143∽)、2位のNao+さんのお二人は東京のスタジオで収録を行い、3位の西田早希さんは大阪のスタジオで収録を行いました。大会での意外な裏話などを語ってもらいました。ぜひお聞きください。

 

■6月1日(土)「J-Music Nightスペシャル」

「第6回アイドルソロクイーンコンテスト特集」

20:00~20:30   ラジオNIKKEI第一

 

rajikoで全国でお聞きになれます。

http://radiko.jp/