津軽そば | 近鉄八尾駅前にある鍼灸整骨院 東洋医学の事なら、いど鍼灸整骨院。

近鉄八尾駅前にある鍼灸整骨院 東洋医学の事なら、いど鍼灸整骨院。

近鉄八尾駅[西口]すぐ 本物の伝統鍼灸を追求し、不妊、アトピー、喘息、頭痛、肩こり、
  生理痛、更年期障害、自律神経失調症、ガンなどの慢性疾患や難病の方々にご支持を頂いています。


テーマ:

前回は、森沢明夫の小説津軽百年食堂と、それを原作とした大森一樹監督の映画を紹介しました。

 

舞台となった弘前は、こぎん刺し、津軽塗、禅林街、洋館、鉄道、食、自然…そして中でも、弘前公園(弘前城)のさくらまつりが有名です。

 

 

 

 

 

また、青森県が定めた「百年食堂」の定義は、三世代、70年以上続いている大衆食堂をいうらしいのですが、蕎麦打ちを趣味とする私には、その中で出てくる「津軽そば」が、とても興味深いものだったので、紹介します。

 

 

 

挽きたて、打ちたて、茹でたての三たてが美味しいと言われる蕎麦ですが、津軽にはそうではない蕎麦があります。

それが、「津軽そば」です。

 

つなぎに、一昼夜水に浸した大豆をすりつぶした呉汁を使うのが特徴で、その呉汁をそばがきに混ぜ合わせて生地をつくり、その生地を半日ほどねかせて熟成させてから、そばを打つのです。

江戸時代に蕎麦からタンパク質を摂取するためにこのような独特の製法が生まれたのだそうです。

柔らかくてコシがあり、もちもちしていて、蕎麦の風味と共に、大豆のほのかな甘みを含んでいます。

 

また、作品中でも出てくる「焼干し」は、通常の煮干しとは異なり、イワシの頭と内臓を外したものを串に刺して、炭火であぶって乾燥させたもので、いわば、「煮ていない煮干し」なのです。

 

青森へ行かれたらぜひ!

 

津軽そばの鴨南蛮

 

 

 

 

 

前回は、作品中で引用されたスピッツの「スターゲイザー」を紹介しましたが、今回は、スピッツの中では一番好きな曲「正夢」をお聴きください。

 

 

…当院の患者さんには、私が『ロードバイク(自転車)』、『蕎麦打ち・うどん打ち』以外に、『音楽』も趣味としていることをご存じの方が多いのですが(^_^;)……今度の某所のライブでコレ↑↑やります……ぼそっ

 

 

 

 

 

「人気ブログランキング」にエントリーしています。
1日に1回 クリックして頂けると嬉しいです!

↡ ↡ ↡ ↡ ↡ ↡ ↡

 

 

『いど鍼灸整骨院 / 中医鍼灸治療室』のFacebookも適宜更新しています。

『いいね!』をしておくと更新情報を受け取ることができます。

Facebookはこちら →

 

 

いど鍼灸整骨院 / 中医鍼灸治療室
大阪府八尾市北本町1-1-7

TEL : 072-991-3366
http://www.ido-s.jp/

 

 

いど鍼灸整骨院 院長/中医鍼灸治療室 室長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス