近鉄八尾駅前にある鍼灸整骨院 東洋医学の事なら、いど鍼灸整骨院。

近鉄八尾駅[西口]すぐ 本物の伝統鍼灸を追求し、不妊、アトピー、喘息、頭痛、肩こり、
  生理痛、更年期障害、自律神経失調症、ガンなどの慢性疾患や難病の方々にご支持を頂いています。


テーマ:

消費者庁には、法的な資格制度がない施術による生命身体への危害の情報が多数寄せられていますが、今回は実際の事故事例を見て行きたいと思います。

 

各事例の※印の後に、私のコメントを添えています。

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

3.事故事例

 

 

神経を痛めた事例

 【事例 1 】 「カイロプラクティック」の施術を受けた直後に形から指先までしびれが発生し、検査の結果「尺骨神経まひ」と診断されて手術をした。8か月経過したが完治していない。診断した医師が因果関係をはっきり言いきれず、保険補償が受けられない。

(事故発生 H27年7月 30歳代女性)

 

頸椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、神経に損傷を与える危険が極めて大きい手技です。にもかかわらず、医学的知識をほとんど有さないカイロプラクティック整体でしばしば用いられる手技でもあります。

また、患者の証言だけで客観的に因果関係を証明するのは容易ではありません。

 

 

希望以外の部位を施術された事例

 【事例 2 】 膝が痛くて「カイロプラクティック」に行った。膝のほかに顔が歪んでいると言われ、承諾も得ずに強引に施術されたが、以後顔の痛みがとれず、1週間歯の痛みと耳鳴りで眠ることができなかった。

(事故発生 H26年10月 30歳代女性)

 

 【事例 3 】 1年前から通っている「整体院」で、肩の施術を頼んだのに胸部を施術され、ろっ骨を骨折した。1か月たっても痛みが残っている。

(事故発生 H27年4月 60歳代女性)

 

当院にも“小顔矯正”と称する施術で、まさしく同じような目にあった患者様が通院されています。

全体をみて治療するのもいいですが、診察→診断結果と治療法の説明→合意→施術、といった最低限のプロセスを踏まえて欲しい事例です。特に「カイロプラクティック」や「整体」といった法的な資格制度がなく各人が好き勝手に行う施術ではなおさら『合意』ということを意識する必要があるように思います。

 

 

疾病や持病がひどくなった事例

 【事例 4 】 けい椎脊索狭さく症で通院中だが、痛みを和らげるため自己判断で「整体」にも通った。3回目の骨格調整の施術後、激しい痛みが3週間以上続いた。

(事故発生 H27年1月 40歳代男性)

 

これもよくある事例です。頸椎マニピュレーション、アジャストメントの有効性及び危険性についてはしばしば論議されますが、治療の危険性は施術者の教育背景や能力により大きく変わります。

 

 

好転反応と言われ、施術を続けて症状が悪化した事例

  【事例 5 】 腰痛で「整体院」に行ったが、痛みがひどくなった。施術者に伝えると、好転反応なのでしばらく続けるように言われたが、数回目の施術後、骨盤の痛みがよりひどくなった。会員になりプリペイドカードも購入したが、返金してほしい。

(事故発生 H27年7月 50歳代女性)

 

腰痛がひどくなったのが好転反応ってどういうこと?って感じです。エビデンスが不明な施術ではなおさら十分に安全な施術を行える知識と技術を身につけて、患者への誠実で謙虚な対応が必要かと思います。

 

 

痛いと伝えたのに施術を続けられた事例

 【事例 6 】 腰痛のため、ネットで評判の高かった「カイロプラクティック」の施術を受けた。首をねじられてとても痛かったので申し出たが、痛い方が効き目があると言われ、やめてくれなかった。翌日から首がとても痛くなり、けい椎がねじられて損傷していると言われた。痛みが5か月以上続いている。

(事故発生 H27年10月 40歳代男性)

 

「ネットで評判が高い」というのはじつはいろいろと“ウラ”があったりします。食べログやエキテン、有名人の〇〇が来院等々、じつは……(笑)

また、これも【事例 3 】のところでも述べたように、『合意』という医療における最低限の約束事がなされずに施術された例です。実際に「痛い方が効き目がある」と言われたか言われていないかは別として、合意のない施術は絶対に行われるべきではありません。

付け加えれば、もちろんこの場合も、医療過誤と認められることはないでしょう。

 

 

首の施術による事故事例

 【事例 7 】 肩こりで「整体」の施術を受けた際、頭をつかまれて引っ張られた。その後激痛、手のしびれなどが生じ、末しょう神経障害と診断され、数か月たっても痛みが残っている。

(事故発生 H27年11月 40歳代女性)

 

 【事例 8 】 首と肩の「格安マッサージ」を受けた翌日に、おう吐と首から肩にかけての激痛が出た。病院で髄液が漏れていることが判明し、11日間入院した。

(事故発生 H25年7月 30歳代女性)

 

単に頭を引っ張られて激痛や手のしびれなどが生じるなら、整形外科の頚椎牽引はどうなのか?髄液が漏れるほどのマッサージってどんなの?…という素朴な疑問が残ります。

 

 

骨折した事例

 【事例 9 】 腰が痛かったが大みそかで病院が閉まっていたので、「整体院」で施術を受けた。腰の痛みは2~3日でとれたが施術後に胸の痛みが回復せず、病院でろく軟骨骨折と診断された。

(事故発生 H25年12月 40歳代女性)

 

 【事例 10 】 「サロン」でリンパマッサージを受けた。強力マッサージをうたっているので、施術中の痛みはそんなものだと思っていたが、ろっ骨を骨折しており全治1か月かかった。

(事故発生  H28年1月 20歳代女性)

 

病院が閉まっていたら法的な資格のない「整体院」ではなく、法的な資格を持った「整骨院(接骨院)」がセカンドチョイスでしょう、と私的には思います。

リンパマッサージでろっ骨骨折なんて…しかも骨もしっかりした20歳代の女性が…信じられない(^_^;)

 

 

その他の事例

 【事例 11 】 あん摩マッサージ指圧師の資格がない者が行う「マッサージ店」で、施術中に感じた痛みは伝えなかったが、施術後に足が痛く歩けなくなった。翌日、医師に太ももの筋肉が切れていると診断され、回復に2か月以上要した。

(事故発生 H26年6月 60歳代男性)

 

 【事例 12 】 普段から通っている「リラクゼーションサロン」で、いつもの倍の時間のハンドマッサージを受けた。数時間後に両腕が赤く腫れ痛みが出始めた。医師に内出血で全治3週間と言われた。

(事故発生 H27年9月 40歳代女性)

 

 【事例 13 】 小顔に矯正するという美容マッサージをクーポンサイトで申し込み、施術を受けた。強い力で顔を押され、3日たっても痛みが消えず、医療機関で打撲と診断された。

(事故発生 H27年12月 20歳代女性) 

 

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を有する医療目的の「マッサージ」と、資格を所持しない「マッサージ店」を見分けるのは一般の方々には容易ではないかと思います。「クイックマッサージ」、「リラクゼーション」、「リフレクソロジー」、「推拿」、「足裏マッサージ」等はまず法的な資格を所持していません。

それにしても、マッサージで太ももの筋挫傷や腕が赤く腫れたり、打撲ってすごいなぁと思いますが、以前「刮痧(かっさ)」と称するマッサージ(もちろん法的な資格がない施術です。)を受けて顔や体が内出血だらけになった患者さんを診たことがあります。

 

 

 

また、よく誤解されるのですが、「整骨院(=接骨院)」と「整体院」を混同される方もおられるかと思います。

「整骨院(=接骨院)」国家資格を有する柔道整復師が、急性又は亜急性の外傷性の骨折、脱臼、打撲、捻挫、及び筋、腱の断裂(いわゆる肉ばなれ)といった負傷に対して施術を行う場所です。それに対し「整体院」法的な資格を有さない人骨格や関節の歪み・ズレの矯正等を手技と補助道具で施術を行うところです。

 

 

 

次回は、4.消費者の皆様へ について見て行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人気ブログランキング」にエントリーしています。
1日に1回 クリックして頂けると嬉しいです!

↡ ↡ ↡ ↡ ↡ ↡ ↡

 

 

『いど鍼灸整骨院 / 中医鍼灸治療室』のFacebookも適宜更新しています。

『いいね!』をしておくと更新情報を受け取ることができます。

Facebookはこちら →


いど鍼灸整骨院 / 中医鍼灸治療室
大阪府八尾市北本町1-1-7

TEL : 072-991-3366
http://www.ido-s.jp/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いど鍼灸整骨院 院長/中医鍼灸治療室 室長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。