みなさん、こんにちは。
20年前ほど小学生の頃に、自宅でバケツ米作り体験というものものやり、みなさんの中でも経験ありの人もいるのではないかと思いますが、
わが子の教養の為にJAさん企画の募集に応募しました。
そうするとモミと肥料関係ほか説明書が届きます。
ちょっとタイミングがずれましたが、稲の発芽にチャレンジです。

最近はブログネタを探すことが多く。。。。
ということで今日も現場の用語についてのお話です。

現場では呼び名を省略や言いやすくして話すことが多々あります。
例えば サブロクバン!サンパチバン!
へ?かろうじてバン→板
数字が関係する!
くらいわかりますが、
サブロクバンは3m✖︎6mの板ではありません!
現場はアナログで昔の名残が強いため尺表記です。
3尺[910]✖︎6[1820]なのです!!
ホームセンターで言ってみましょう!何気に通じて、他の素人さんよりしっかり対応してもらえるかもしれません!

他に寸表示の材料の略語もいっぱいあります!
例えばイッサンインゴ!
知らない言葉ってたくさんあって面白いですね!
業界用語といえば芸能界で隠語として使われてる言葉ですが、建築業界にも特殊な言葉がたくさんあります。
それを紹介していきます。
まずは、『拝み[オガミ]』この言葉を聞くと、え?
建築用語?となりますが、
使い方は
『拝み部分ズレてるから直しといて!』なんでこんな感じです!
へ?
ですが、大工さんだと一発でわかります。
では、拝み部分とは

この側面についている板[破風板]の頂点部分の垂直にくっつけている部分にあたります。
言われてみれば拝んでいる腕の形状ににでしょ!

というところでまだまだ建築用語には面白い言葉があります!


今までラーメンといえば二郎系しか最近は食べていませんが、
亜流といいますか、二郎をまねたインスパイア系という
ラーメンにはまっています。
そして、茅ヶ崎方面の唯一の二郎系
【菜良】というお店に行ってきました。
↓まさに闘う男の後ろ姿です。
二郎系といえば、お店は綺麗ではなく、油ギトギトの床っと慣れてないと入りずらいですが、
このお店は二郎系なのにシャレオツ!
黒い壁面に額縁入りの無料トッピングメニュー

 

 

味はといえば、うん。さっぱりファミリータイプの二郎系。

不健康な自分たちにはパンチが少なめなお味でした。