技術力から生まれるデザイン。

テーマ:
{E33C8977-2C3F-42EC-91F5-6890EB634871}
おはようございます😃

こちらのビル、なんばパークスの7Fのパークスガーデンの目の前に建設中の
"なんばスカイオ"という、南海電鉄さんが手掛ける新しいビルです。


来年の秋に竣工予定で、IDC OTSUKAなんばパークスで働き始めて約10カ月、どんどん上へ上へ伸びていっていよいよ全貌が見えてきましたよ目

30階建の商業施設と大型クリニック、オフィスなどが入る、国内外のヒト、モノ、コトが行き交う国際交流の拠点を目指すそうです。


そのビルを見ていて、むむっと、感じることが⁉️



そういえば、なんだか見たこと目あるような⁉️



そうでした、IDC OTSUKAなんばパークスに展示しているアイテムに。下矢印下矢印下矢印下矢印

{28034250-35EB-4DD2-B121-144977062D60}
{19462454-98C8-4B0D-9653-9ABAA61EB246}
見比べてみると、この角の立体感がそっくりです。


このアイテムとは下矢印下矢印下矢印こちらのセンターテーブル。あの奥山清行氏デザインによる
"ウェッジ"
{AF0E7D32-F125-405C-B3D4-D7A7DD63CFF9}
シャープなデザインですが、それを実現するための技術が、"留め"という難しい技術なのです。

角と角を斜めに留めるのは、中途半端だと隙間ができてしまいます。真っ直ぐよりも接地面が広くなるため強度が高くていいのですが、それをするには確かな技術が必要です。


こちらのシェルフにも"留め"が使われています。
{FC128D3A-A41F-480C-905E-C858CF8E47F2}
{1525FA69-5759-4189-95C3-C26CD54E4BE1}
角のちょっとした部分ですが、それがあるだけでデザインがシャープに引き締まります。



"なんばスカイオ"もそのシャープなデザインが、大都会の空にそびえる他のビル群を圧倒しています。


一度見比べて見てください。

違う目線で見るのも面白いですよ。