IDC 大塚家具 銀座本店

IDC大塚家具 銀座本店スタッフブログ


テーマ:
 
 
 

皆さまこんにちは😊

大塚家具銀座本店の西川です
 
 
外を歩くと、金木犀や銀杏の香りがする季節になりましたね🍂
おでかけにも心地いい気温です😌
 
 
 
さて、そんな秋の始まりに
銀座本店だけで開催されます
 
 
 
ヨーロッパアンティーク展
10月14日(土)15日(日)
《2日間限定》でございます。
 
 
 
{1B4DF049-8962-448F-9742-4BBD35C902F9}
⇩             ⇩              ⇩               ⇩                 ⇩
 
 
 
ガレドーム 花瓶やランプなど
アール・ヌーヴォーの代表的なガラス工芸品を
30点以上ご覧いただけます!!
 
 
 
 
さて、ここで少しご説明を👀
 
 
 
【アール・ヌーヴォー】
 
19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に広まった国際的な美術運動。
 
フランス語で「新しい芸術」を意味しています。
 
 
 
特徴
 
•花や植物などの有機物をモチーフとしている
 
•曲線的なデザイン
 
•エレガントで装飾的
 
•鉄やガラスといった当時の新素材の利用
 
 
 
 
このアール・ヌーヴォー様式は、
建築、工芸品、グラフィックデザインなど
多岐に渡りました。
 
 
 
 
弊社取り扱いイタリア家具ブランド
 
メデア
 
こちらもアール・ヌーヴォー様式🇮🇹
 
 
{C41584B7-3890-4779-9F66-31F4D8FB65A7}
 
曲線美にうっとりですね☺️
 
 
 
 
 
そんなアール・ヌーヴォーを代表する
ガラス工芸家をご紹介😉
 
 
 
【エミール・ガレ】
 
1846年にフランスのローレヌ地方ナンシーで誕生。
 
 
 
ガレの特徴的な技法
 
•マルケトリ
ガラスパーツをガラスへ象嵌する技法。
 
•パチネ
ガラスの表面を錆色にくもらせたり、濁らせる技法。
 
 
 
{BD4F465C-B94E-4556-9CAD-E3F5A638BE79}
 
ガレ 蝶文ランプ
 
 
 
ライトを点けたら
夕陽のような優しい光の中で
蝶が舞う美しい姿が現れるのではないでしょうか🦋
 
 
 
 
 
もうおひとりご紹介😉
 
 
 
 
【ドーム兄弟】
 
兄オーギュストと弟アントナンのドーム兄弟👬
 
フランスのロレーヌ地方ビチュで誕生。
 
 
 
 
ドーム兄弟の特徴的な技法
 
•アンテルカレール
ガラス素地に絵模様を描いて、さらにガラスをかぶせる技術で模様に奥行きを出す技法。
 
•ヴィトリフィカシオン
粉末状にした色ガラスをまぶして再加熱し、素地になじませるもので、ガラスの肌に多くの色を発色させることができる技法。
 
 
 
{2BD714CB-BD65-43FD-A934-7780D4CB7AB6}
 
ドーム スミレ文花瓶
 
 
乳白とブルーの粉末ガラスによるマーブル地に
スミレが可憐に咲いています💠
 
 
 
 
 
いかがですか?👀
 
 
 
彼らが現代に廃ることなく残した美しさが
銀座本店に集まりますよ!✨✨
 
 
 
この他にも、
マイセンなどのアンティーク陶磁器も
多数展示いたします。
 
 
 
是非この美しさに魅了されてはいかがでしょうか?☺️
 
 
銀座本店で皆さまのお越しをお待ちしております😊
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(1)

IDC大塚家具 銀座本店さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります