みなさんこんにちはビックリマーク

 

ついに来月1日から

新元号の『令和』に変わりますね音譜

 

令和に決まった由来については

みなさんお調べになりましたかはてなマークニコニコ

 

出典は日本最古の歌集である「万葉集」の

「梅花の歌」三十二首の序文から引用したもので

 

「初春の令月(れいげつ)にして、

氣淑(きよ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、

蘭は珮後(はいご)の香を薫す。」

 

こちらをを現代語訳に訳すと

「季節は、初春のよい月で、大気もよく風も穏やかになり、梅の花は鏡の前に座る美女たちが(化粧に使う)白い粉のように白く開き、蘭は身にまとう装飾品の香りのように薫っている。」

というようになります。

 

選定された理由については

【厳しい寒さの後に春の訪れを告げるのは梅の花でありますが

咲き誇る梅の花のように、明日への希望とともに日本人一人

ひとりが咲き誇る梅の花のようにそれぞれの花を大きく咲かせる

ことができる日本でありたいという願いを込めた】ことで

決まったようですひらめき電球

 

 

また、今までは元号は中国古典から由来していたものを

今回初めて日本古典を由来にしたようです桜

 

というのも首相によると

「日本の四季折々の文化と自然を、

これからの世代にも引き継いでいきたい」

という思いで万葉集から引用されたようです音譜

 

平成に慣れていたこともあり

令和という元号には慣れないなぁと思っていたのですが

決まった根本の理由を理解すると

おめでたい元号でいいなぁと思っています照れ

なんだか、令和に対して愛着がわいてきましたキラキラ

 

「日本人一人ひとりが大きな花を咲かせられうように」

という願いを込められているところが個人的には好きですラブラブ

 

『平成』から『令和』に変わってもなお

伊田テクノスでは地域社会の貢献に

尽力して参りますので、新年度もよろしくお願い致しますビックリマーク

 

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 人事労務・総務へ   
にほんブログ村

  
人事・労務 ブログランキングへ