明日も公園行こうね!(次男が神経芽腫に!?)

2016年10月、末っ子次男(1歳10ヶ月)が神経芽腫という小児がんと診断されました。でも負けません!大丈夫。

その入院生活や子育て、日々の出来事を書いていこうと思います。
闘病への気合いは十分ですが、ブログは更新できるかな…


テーマ:
チビは他の小児がん患者の子同様、
胸にCVカテーテルを入れています。


チビの病院では、カテーテルケースを作ってねビックリマーク
とは言われないので、
入院当初、プラプラ出ているカテーテルは
看護師さんが医療用ガーゼでくるんで
胸にテープで留めてくれていました。


なので、点滴を繋いだり採血のたび、
胸のテープをはがします。
チビはそれが大嫌いで、毎回大暴れでした。
テープが痛かったのです。
(皮がめくれて血まで出たくらいなので…ガーン

私も辛かったです…
その頃、チビは全てを嫌がって泣いていたので、
せめて少しでもチビの嫌がることを減らそうと
考えたのがカテーテルケース。

ネットでカテーテルケースの作り方を調べました。



そしてとあるショップのサイトにたどり着きました。
なんとカテーテルケースのキット(完成品も)が
販売されていましたびっくり


このサイト、看護師さんに紹介したら、
『全く知らなかった〜!!
と皆さん驚いていました。
他の患者さんへも紹介しているみたいで
なんだかちょっと役立てた感照れキラキラ



話が逸れましたてへぺろ
最初、私もここで購入して作りました。


!!
作ってみたらチビにはサイズが合いませんでした笑い泣き
チビの体に対してケース自体の長さが長いし、
首の紐を短くしてもカテーテルの出てくる位置が
低くて。
そして、ルートが2本のカテーテルを留めるには、
マジックテープが短いし、紐で束ねるのも難しく
早い話がちょっと使いにくかったのですショック
(CVカテーテルは、そもそも胸のどのあたりから出ているか、
  どれくらいの長さが出ているかによっても違うし、
  病院によって保護テープの留め方も様々だし、
  患児の体の大きさも違うので、使いやすいかどうかも
  たぶん人それぞれ。あくまでも個人的な意見ですが。



というわけで、どうしたかと言うと
改良して使っています。
それがコチラ下矢印
{F10FEB69-E5FB-45A6-800F-733D5324574A}
{93FAB052-E010-4FA1-A359-2FBEC2A7E677}

説明し難いので、どう改良したかは
写真から読み取ってくださいニヤニヤ
水色の2本の布はマジックテープになっています。
白く見える部分もまたマジックテープです。
マジックテープだらけにして留めています。



私が求めたことは、
クローバー点滴ルートを引っ張っても、
  カテーテルが伸びないこと。
クローバープラグや、点滴ルートを繋いだ時の硬い部分が
  ケースからはみ出さないこと。
 (お腹に当たって痛くならないように)





突然の入院という状況下で、
カテーテルケースが欲しいけどない。
手元に材料もなければ作る道具もない。
そんな状況に救いの手を差し伸べてくれた
そのショップのCVカテーテルケースラブラブ

結果として私は改良して使っていますが、
私もこの製品に救われた一人です
本当にありがたい存在ですねおねがい


ちなみに注意
私が購入した時はかなり初期だったようで、
今は色々と改良がなされ前よりもっと使いやすく
なっているとかビックリマークさらにチビっ子向けには
ベビーサイズのものも販売されているようですびっくり




カテーテルケースも様々なタイプがあります。
参考にしてみてくださいウインク





うめめさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。