まるで、新築の家の内装を決めていくような感覚でした。



式場にもよるとは思いますが、私たちが選んだ式場では、テーブルクロスとナプキンの色と素材、式場に飾る一つ一つの花の種類やボリューム感、イメージなどを細かく決めていくスタイルを取ってます。


花はブーケにブートニアはもちろんのこと、ケーキカットの台に飾る花、ケーキナイフに付ける花、各テーブルに飾る花、会場や入り口に飾る花、両親贈呈の花など、かなりたくさん決めないといけませんでした。



ほとんど迷わず決めたのに、花だけの打合せだけで2時間近くかかりましたバッドばつ丸


会場自体、絨毯とか壁紙は決まっているので、ある程度の雰囲気は決まってはいますが、テーブルクロスとナプキン、花によってはだいぶ変わってくるものなので変な組み合わせにならないよう、担当の人の意見をしっかり聞きながら決めました。

担当の人は普段の式場の担当ではなく、花専用の担当さんなので、プロでかつ、たくさんの式を経験されている方だと信頼しきって、お願いしました。

こういうデザイン関係のセンスはプロの方が毎日磨き続けてるものなので、真似できませんしね。

それでも、担当の方はリードして、これとかこれが良いですよ~という言葉ではなく、まずは色んな写真を見せてくれて、その中で二人が気になった雰囲気のものから提案を入れてくれるという感じでした。


式場のスタッフさんたちを見ていると、物凄く気を遣って、私たちのために頑張ってくれているのが伝わってくるのでありがたいですね。
この式場に決めて良かったな~とホントに思います。



これで会場の雰囲気も決まってきたので、あとは当日のスケジュールを決めたり、ウェルカムスペースをどうするか決めたり、BGMを決めたり、細かいことを一つ一つ決めていけば結婚式の準備が整っていきます。



他にもブライダルシェービングやブライダルエステのこととかも考えないといけません


やること、決めること盛り沢山ですねけろけろけろっぴ