おはこんばんちわ〜♡

デザイナー時々カラーセラピストのいちかわ照葉です!

 

こんなデザイン作ってます (*´∀`*)↓
*Teriha Ichikawa デザイン作品集*

 

 

突然ですが皆様、セオリーってご存知ですか?

ルールと似ているんですがルールよりは緩い決まりと言うか、
毎度お決まりの◯◯。
お笑いで言えば天丼みたいな。
 
 
例えば、誰かが「私最近太っちゃって〜」と言えば
「えーそうですか?そうは見えないですぅ」って言う女子同士の挨拶。
みたいな♡
 
そんなお決まりの流れをセオリーと言い、
デザインの世界にもセオリーがあります。
 
 
 
 
で、デザイナーに限らずどんな世界でも
プロには三段階いると私は思っており
 
 
新人→セオリー知らない(感覚的にも掴めてない)
中堅→セオリーに忠実(がんじがらめの場合も)
達人→セオリー知った上で時と場合により破る
 
 
 
 
 
言わずもがな、すごいのは達人なんですよねデレデレ
で、意外にも一番残念なところに陥りがちなのが中堅なんですよゲロー
 
 
新人は学べばのびる。
けど、中堅で満足して留まってしまって、
セオリーにがんじがらめになってしまうと、
全てのものは画一的でとってもつまらないことになります。
 
 
 
 
これはデザインもそうだし、
アメブロの発信にせよFacebookにせよ、
全てに言える事。
 
 
でね、よく考えてみて欲しいのですが、
セオリーって、誰のためのものですか?
 
ココね。
 
 
 
 
大抵の場合、セオリーはマス(一番人数が多い層)に向けて作られてる事が多いです。
つまり、誰でもぼんやりと嫌ではないルールです。
この「嫌ではない」が重要で、
 
 
 
嫌じゃない。けれど好きでもない。なんですよ。
 
 
 
 
さっきの「太っちゃって〜」の文を思い出して下さい。
「えーそうですか?」って言われたら嫌ではないですよね。
けど、嬉しくも無くないですか?
 
 
 
 
じゃあ、イマジンです。
この女性起業家ブームの昨今、
「嫌ではない」レベルで選ばれますか?
いやん辛口♡
 
 
 
 
 
ヘッダーデザインとかもね、本気でセオリー重視で作るならば、
政治家のポスターみたくなりますよ。
 
ここまでやり切ればある意味人集めそうですけど!笑
 
 
 
 
 
つまりセオリーは例えれば鎧みたいなもんでして、
「らしさ」を出すならプラスαの武器を持たなきゃ闘えませんぜ?って話です。
 
 
 
もしくはめっちゃくちゃ筋トレして体鍛えるのもありですが。
いや、むしろこれが一番重要だ。。。
が、話がそれるので今日の話はアイテムに絞ります。
 
 
 
 
 
何なら超強い武器だけ持って挑めば
鎧なんて無くても勝ち抜ける事もあるだろうけど、
超強い鎧だけ着てても勝てる日は来ませんよね?
※例えです。そもそも勝ち負けじゃ無いとかはごもっとも。
 
 
 
でもって、超強い鎧来てるつもりが実は超重い鎧で、
筋トレしないでヘビー級の鎧着て身動き取れなくなっちゃう時もある。
 
 
 
それはこの情報社会で、色んな場面で大量の情報に触れているから、
知らず識らずのうちにいくつもの鎧を装備してしまって
気づいた時には重くなってたり、
はたまたすっごい重い鎧を誰かから買ってしまったり、ルートは色々ですゲッソリ
 
 
 
 
 
だからね、何が言いたいかというと、
セオリーは所詮セオリー真顔
大切だし、知っておく必要はあるけど縛られる必要は全く無し。
 
 
 
 
それよりみんなもっと「好き♡」にフォーカスしませんか?
自分にフィットする鎧見つけるためには、
まず自分の心地よさを知る必要がありますからねちゅー
 
 
 
 
もしかしたら「好き♡」を自由に突き詰めるためにも、
まずはセオリーを実行せねば!って思うかもしれないけど、
せねば!な時点で「好き♡」からは遠ざかっちゃう笑い泣き
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、色んな所から大量の情報が目や耳から入ってきてしまうこのご時世で、
一番気を付けたいのは
セオリーに縛られた声の大きい人。
 
 
 
 
声が大きいというのは、何も物理的な大きさじゃなくて、
自信をもって自分の意見を主張する人。
今までたくさんの知識を仕入れて自信をつけて、
それがみんなに当てはまると思って主張する人。
 
 
 
 
そんな大きな声の人に惑わされないためにも、
私が気を付けているワードベスト3があります。
 
 
 
1位 〜すべき
2位 絶対〜
3位 普通は〜
 
 
 
ここらへんです。
 
 
 
 
本人がそうと信じて貫き通すことは何ら問題ありませんが、
人にコレを勧める場合、
ここが絶対であると強く押す人は危険です。
あなたに合わないヘビー級の鎧渡してくるかもしれませんのでお気を付けてウインク
 
 
 
だってこの世の中に正解なんて無いもの。
いつだってパイオニアはセオリーなんて無いとこ歩くしドキドキ