知らないと損するWindows 7にGavotte RAMDISKを導入 | ichitaso's back of flyer

ichitaso's back of flyer

ネット上や普段の生活で疑問に思ったこと、便利だと感じたサービス・コンテンツを丸めて包んでご紹介


テーマ:
Windows 7の64bitをインストールしてメモリを16GB搭載しましたが
実際のところ16GBフルに使用することは無いと考えられます。

$いちの日記(チラシの裏)-リソース.png

割と負荷をかけた状態で約2.8G使用

そこで、XP時代にお世話になったGavotte Ramdiskを使用して
Windowsの最適化を行う手順を紹介します。

RAMディスクを作成するメリット

ベンチマークを見てみるとわかると思います。

$いちの日記(チラシの裏)-Ramdiskベンチ.png $いちの日記(チラシの裏)-HDDベンチ.png

読み書き共に高速であることが分かります。

「電源が切れるとリセットされる」という特性を利用して

  • 一時ファイルやブラウザ、Photoshopのキャッシュ、DLファイルの保存先として使うと便利

  • HDDの断片化やSSDの書き込み回数を気にしないで済む

  • RAMディスク上でzipファイルなどアーカイブの解凍が速い

以上のようなメリットがあります。

Gavotte Ramdiskの導入方法

Ramdiskのドライバをインストールする

1)リンクより「Gavotte Ramdisk」をダウンロードする

Link:Gavotte_RAMDisk_1.0.4096.5_200811130.7z

Cドライブ直下に保存しておく

2)ファイルを解凍「ram4g.reg」を実行してレジストリに登録します

3)ハードウェアをインストールする

1.デバイスマネージャを開き、一番上に表示されている[コンピュータ名]上で右クリック



2.「レガシ ハードウェアの追加」をクリック
3.ウィザードが開始されるので[次へ]
4.[一覧から選択したハードウェアをインストールする]を選択
5.[すべてのデバイスを表示]を選択
6.[ディスク使用]をクリック
7.[参照]をクリックし「rramdisk.inf」を選択して[開く]→OKをクリック



8.そのまま[次へ]をクリックしていきハードウェアの追加ウィザードを完了させます。

ただし、この状態だとドライバのデジタル署名がないため「!」マークが付いてしまっています。


64bitのVistaや7ではデジタル署名が付いてないドライバをインストールして
使うことができないため、このままだと起動することも出来ません。

Windows起動時にF8→「ドライバ署名の強制を無効にする」を選択し
起動すると回避することができますが、実用的ではありません。

【対応策】

(1)「Ready Driver Plus」を使う

WindowsのBoot領域を書き換えるプログラムで、上記手順を自動で行ってくれる。
ただし、失敗するとWindowsが起動しなくなるリスクが高い。

(2)「Dataram RAMDisk」を使う

64bitOSで唯一署名の付いたドライバが使えるフリーのRAMDISKソフト
ただし、容量は4GBが上限となっている。
レジューム機能により、システムディスクにイメージファイルを読込・保存する。
つまりRAMDISKと同じ容量分、シャットダウン時と起動時に読み書きが発生してしまう。

(3)「Driver Signature Enforcement Overrider(DSEO)」を使う

署名のないドライバをテストモードで簡単に使用できるようにできるソフト
リスクも少ないので、こちらの方法を利用してGavotte Ramdiskを使用します。

DSEOの使用方法

LINK:Driver Signature Enforcement Overrider 1.3b

リンク先のページ下にあるDownloadをクリックし「Agree」からDL

1)「dseo13b.exe」を実行し[Next]→[Yes]をクリック

2)Sign a System Fileを選択して[NEXT]

$いちの日記(チラシの裏)-DSEO.png

3)「C:\Windows\System32\drivers\rramdisk64.sys」と入力して[OK]

$いちの日記(チラシの裏)-DSEO2.png

4)Enable TestModeを選択して[NEXT]

[EXIT]で終了し再起動する

5)テストモードと右下に表記されているので消す

Download Link:RemoveWatermark_20090509.zip

リンク先の「RemoveWatermark_20090509.zip」をDL解凍し
「RemoveWatermarkX64.exe」を実行

$いちの日記(チラシの裏)-RW.png

「Y」と入力してパッチをあて[Enter]、再起動するとテストモードの表記が消えます。

(DSEOの解除の仕方は「Disable Test Mode」を選択して[NEXT])

Ramdiskのインストールと設定方法

1)「ramdisk.exe」を管理者として実行

2)Install Ramdiskをクリックし、各項目を設定

$いちの日記(チラシの裏)-ramdisk.png

DiskSize:RAMDISKの容量(ここでは6Gと設定しました※Gは手入力)
DriveLetter:特にこだわりがなければ[R:]のままでOK
MediaType:Fixed Mediaを選択

OKをクリックし、完了するとメッセージが表示されるので再起動
コンピュータ上に「RamDisk(R:)」ドライブが作成されている事を確認します。

3)NTFSにフォーマット

そのままではファイルシステムがFAT32になっているため
4Gバイト以上のファイルを保存できるNTFSにフォーマットします。

GeekなNooblogさんのバッチファイルを利用させて頂きました。

ファイル:setup_user.batをDL
「C:\Gavotte_RAMDisk_1.0.4096.5_200811130」のフォルダ内に保存します。
Cドライブ内の同じフォルダに入っていないと正常にフォーマットできません

「setup_user.bat」を右クリックして管理者として実行

$いちの日記(チラシの裏)-setup.png

1.最初にドライブレターを指定します。デフォルトなら「R」
2.「RamDisk」と入力
3.「y」と入力
4.「y」と入力
5.「RAMDISKに好きなように~」と表示されますが、そのまま「Enter」
6.「Enter」キーで完了させて終了です。

再起動して「RamDisk」ドライブがNTFSのシステムファイルになっていれば成功です。
Cドライブに保存したGavotte_RAMDiskのフォルダは削除しても構いませんが
アンインストールする場合に必要なので、別ドライブにでも保存しておきます。

アンインストール方法

「ramdisk.exe」を管理者として実行[Remove Ramdisk]をクリック→[OK]
「C:\WINDOWS\system32\driver\rramdisk64.sys」を手動で削除して下さい。

Gavotte Ramdiskを活用する

  • Windowsシステムの一時フォルダをRAMディスク上に配置

  • ブラウザの一時フォルダをRAMディスク上に配置

  • PhotoshopのキャッシュをRAMディスク上に配置

  • ダウンロードするファイルの保存先として使う

  • zipファイルなどアーカイブの解凍をRAMディスク上で行う

関連リンク



いち☠さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス