2020年4月15日

 19時。高崎の自宅でパソコンを起動させた。

 本日は13時からマスク確保戦略の協議。13時30分から県民に呼びかける動画の撮影。14時過ぎに某企業幹部との面会。15時からは、コロナウイルス感染拡大シミュレーションに関する意見交換。16時から明日の記者会見に関する打ち合わせ。最後は、宇佐美メディア戦略アドバイザーと、32展望フロアに建設中のスタジオ(ツルノス)を視察した。

 県から群馬大学(大学院医学系研究科公衆衛生学分野)に作成をお願いしていた「新型コロナウイルス感染症流行シミュレーション」の速報結果を受け取った。感染症数理モデル(SEIRモデル)により、群馬県のコロナウイルス感染症の流行動態をシミュレーシしたものだ。

 明日14時からの知事の定例記者会見で、概要を公表する。が、ひと言、感想を述べるとすれば、「対応を間違えると極めて深刻な事態を招く」ということだ。新型コロナウイルス対策に関し、今後、知事として更に難しい判断を迫られることになる。今回のシミュレーションも、政策を決定していくための1つの材料にさせてもらうつもりだ。

 夕方から、明日の会見の打ち合わせをやった。原稿も資料も進化している。が、とにかく盛り沢山だ。患者発生の最新状況、患者の入院状況、軽症者等の宿泊療養、市町村との情報共有、医療用物資確保対策、外出自粛の具体例、新たな感染防止対策…等々。冒頭の知事からの報告は、(前々回?と同様)かなり長くなるだろう。

 さあ、これから夕食。昨日、作った美味しいカレーを温める。