夜の独り言〜当たり前だと思っていたことが実は当たり前でなかったと気づいてもらえる時が来る!! | 山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

2019年7月26日:パート4

 22時過ぎ。熱い紅茶を一杯、飲んだ。

 過去のブログにも書いたように、参議院議員山本一太のチームは(少し時間を置いて)いったん解散する。他の政治家と秘書との関係はよく知らない。が、こんな欠点だらけの議員に仕えるのは、さぞかし大変だったに違いない。他の議員のスタッフだったら、秘書たちは、もっとのびのびとやれたのかもしれない。もっとやり甲斐があったかもしれない。時々、そんなふうに考えたりもする。

 それでも、(至らない点は多かったと思うが)自分は自分なりに、チーム山本のスタッフをとても大事にしてきた。

 1人1人の人格に敬意を払い、それぞれの家庭の事情にも配慮し、各々の仕事ぶりを評価してきた。もちろん全員のご家族にお目にかかっている。秘書本人の結婚式で主賓のスピーチを務めたり、ご家族の披露宴に出席したりしているからだ。今のスタッフ全員に、心から感謝している。もし参議院議員を続けていたら、全員があと6年、一緒に頑張ってくれたはずだ。心情的には辛いが、仕方がない。退職してもらう秘書たちには、出来るだけのサポートをする。ひととして当然のことだ。

 

 嬉しかったのは、各地区の後援会(支持者)の人たちから、5人の地元秘書全員の留任願い(?)が出されていること。「一太さん、00秘書は残してくれるよね?」「00さんがいなくなると困る!」それぞれが担当地域の人々の心をがっちり掴まえている。これってスゴいことだ!!😆

 

 だからこそ、事務所の財政は苦しくても、(給与も含めて)他の国会議員の事務所に見劣りしないだけの対応をしてきたつもりだ。自分の代になってからは、(いち早く)福利厚生や退職金等の仕組みを整えた。え?当たり前じゃないかって?!いや、国会議員の事務所って、秘書の給与体系さえいい加減に管理しているところが意外に多いらしいのだ。

 

 時々、こう思うことがある。そうした議員本人の気持ちや努力が、秘書たちにどのくらい伝わっているのかな、と。

 まあ、少しは伝わっているのかも。そうじゃなかったら、7人のスタッフのうち、20年選手が3人、15年選手が3人いることの説明がつかない。山本事務所が嫌だったら、こんなに長く務めてくれるはずがない。そうでしょう?!(笑)

 そう言えば、選挙の最終日は、亡くなった秘書の写真を胸ポケットに入れて戦った。矢嶋が生きていたら、きっと今も側にいて助けてくれていたはずだ。いつも口癖のように言ってたもの。「オレは山本一太以外に仕えるつもりは無いっすからね!」と。😂嬉しい言葉だったなあ。

 自分も含め、人間はつい勘違いする。「全てはオレ(私)の力だ!」などと慢心する。だから、常に自問自答する。「自分自身に自惚れや驕りはないだろうか?」「自信過剰な面はないだろうか?」と。

 どんな状況になろうと、必ず「道」は見つけられる。どんな苦境も(熱烈な意思さえあれば)乗り越えていけるものだ。全く心配していない。そもそも最初から「捨て身」なのだ。(笑X2)

 それでも、自分を本気で支えてくれるひとたちの気持ちは、絶対に裏切らない!

 さあ、サプリメントを飲んで、運動(軽いウェートトレーニング)する!!