山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba


テーマ:

2017年9月12日

 午前8時過ぎ。新幹線で新青森駅に向かっている。目的地までは約3時間。13時から弘前市内で行われる故・木村太郎衆院議員の「お別れの会」に出席する。

 選挙区での後継は、青森県庁に勤務する実弟の木村次郎氏に決まった。先日、議員会館事務所で次郎氏と改めて話をしたが、真面目で誠実な人物だ。地元でも評判がいい。このひとなら、木村太郎氏の「志」を立派に引き継いでくれるだろう。微力ながら、10月の補欠選挙は全力で応援させてもらう!

 さて、前回のブログで「年内解散はやめたほうがいい!」と記した。そう思う理由は以下のとおりだ。

 過去2回の総選挙で自民党は圧勝した。前回の選挙結果を細かく分析すると、過去の選挙と比べて「自民党に対する全体の得票数は回復していない」ことが分かる。にもかかわらず、与党は衆院で3分の2以上の議席を確保した。ひとことで言うと、安倍総理の作戦勝ちだ。野党の準備不足を突いた見事な戦略だった。

 今回も野党の選挙態勢が整っているとは到底、思えない。だいいち、最大野党である民進党の「離党ドミノ」が止まっていない。野党間の選挙協力にも赤信号が灯っているように見える。しかしながら、前回の衆院選とは、有権者の心理状態が違う。

 安倍総理が「国民の抱く疑問」に真正面から向き合い、信頼回復への流れを作った後なら話は別だ。が、内閣支持率が低迷する中で解散を急ぐと、国民の目には間違いなくこう映る。

 「なるほど、国会審議をやればやるほど与党には不利だ。加えて、野党の候補者擁立や他党との選挙協力の態勢が整わないうちに選挙をやれば、議席減を最小限にとどめられる。安倍総理はそういう狙いで選挙をやるつもりだな!」と。

 自民党のこのあからさまな計算は、国民の強い反発を招く。その怒りは予想以上の逆風を巻き起こす。過去、全ての選挙を勝ち抜いて来た山本一太の勘は外れない。ましてや、臨時国会冒頭に解散したら、大多数の国民は「疑惑追及を逃れるためだ」としか思わない。「改造後のあの会見は何だったのか?仕事師内閣は嘘だったのか?」とも。

 確かに「年内解散」なら、野党側の候補者擁立も選挙協力も間に合わない部分はある。そもそも最大野党にしてあの体たらくなのだ。(苦笑)臨時国会冒頭の解散ということになれば尚更だろう。

 それはそうとしても、万一無党派層を本気で怒らせたら「反自民の受け皿」なんてあっという間に(1ヶ月で)出現する。もともと保守地盤の厚い地方はともかくとして、少なくとも東京は惨敗する可能性が高い。埼玉、大阪、愛知も危ない。

 報道によると、小池都知事が昨日、側近の若狭勝衆院議員、民主党を離党した細野豪志衆院議員と会談したとのこと。小池知事がこの2人の国会議員に対して「スピード感を持った新党結成」を後押しする約束をしたらしい。まだ東京都議選の余韻は消えていない。自民党都連の改革も進んでいない。どう考えても、東京での苦戦は免れない気がする。

 無党派が本当に動いたら、そしてそのひとたちを敵に回したら、どんな組織選挙も通用しない。いかなる戦略も為す術がない。過去の小選挙区選挙で何度も経験して来た事実ではないか。

 よほどのことがない限り、選挙後も自公が過半数を握る(=政権を維持出来る)公算が高い。が、たとえ与党にとどまれたとしても、自民党は恐らく思った以上の数(議席)を失う。そうなると、当然、安倍内閣の求心力は落ちる。政策実現能力も低下する。

 もともと次の総選挙で「与党が衆院で3分の2以上の議席を持ち続ける」のは至難の技だ。選挙の結果、憲法改正実現の展望も遠のくことになる。そうなると、内閣は続いたとしても、「あと4年、安倍政権は一体、何を目標にするのか?」と言われてしまう。早々とレームダック化してしまう危険性がある。

 年内解散以外のもう1つの選択肢。それは、安倍首相が国民に疑念を持たれている問題(森友問題や加計学園問題等)に関して国会で最大限の説明責任を果たすこと。そうすることで国民の信頼を取り戻すという道だ。

 同時に、仕事師内閣の河野太郎外相、野田聖子総務相、小野寺五典防衛相、加藤勝信厚労相、林芳正文科相、斎藤健農水相等の「適材適所の人材」をフル活用し、実績を積み上げる中で国民の安倍政権に対する期待を蘇生させる。その上で国民の審判を仰ぎ、堂々と憲法改正を目指していくというのが王道だと思う。

 安倍総理なら必ずもう一度、国民の気持ちを掴むことが出来ると確信している。何しろ安倍内閣は歴代の政権が避けて来た様々な難問に正面から切り込み、目に見える成果を上げて来たのだ。

 睡魔が襲って来た。少し眠る。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

山本一太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース