山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba


テーマ:
2016年7月14日:パート4

 夜。 東京の自宅で、ブログの続きを書いている。 熱い紅茶が美味しい。

 あるひとから連絡が来た。 「一太さん、本当に損得ないんだね。よく言ってくれた。オレ達も少なからず溜飲が下がった!」と。 ニコリともせずに、こう答えた。 「先ずは1の矢。これから、2の矢、3の矢と放っていきます。今後の展開をよく見ててください!」と。

 さて、ガラッと話題を変える。

 午後。 千葉県選出の石井準一参院議員から電話。 選挙応援のお礼だった。 「あ、一太さん、いろいろありがとうございました。」「いや、準ちゃん、お疲れ様でした。当選したもとえ太一郎さん、先が楽しみだよね!」

 千葉県連は立派だ。 複数区で、かつ議席が増えたにもかかわらず、自民党候補を1人に絞った地域も多いのに、前回に続いて2人の公認候補(現職と新人)を擁立。 2人とも当選させた。 特に新人候補を当選させた石井準一氏の行動力には感服した。 さすがは叩き上げの党人派。 言ったことは必ずやる男だ。

 「吉田さんが幹事長になったら、また準ちゃんが側近として支えないといけないんじゃないの?」とも言っておいた。 それとも、準ちゃんは国対に残って、松山委員長を支えるのかなあ。 いずれにせよ、石井準一氏も参院自民党になくてはならないキャラクターだ。(ニッコリ)

 繰り返しになるが、吉田博美・参院国対委員長が参院幹事長に就任することは熱烈に支持する! 参院自民党を実質的に仕切るのは幹事長だ。 吉田さんなら、信頼して任せられる。 

 橋本聖子氏が議員会長になったら、広い議員会長室に時々、お茶を飲みにいこう。 当選同期の橋本会長なら、気軽に意見を言えるし!

 過去20年、どんな時も自民党ひと筋で真っ直ぐに頑張って来た。 4度の選挙を勝ち抜き、真面目に参院議員をやって来た自らの政治家としての価値観が「伊達参院議長」というシナリオを拒否している。 

 本当に申し訳ないと思うが、個人的な感情で言っているわけではない。 伊達氏でなかったとしても、当選3回で閣僚も未経験の議員を「参院議長にする」という話が持ち上がっていたら、同じように異論を唱えていた。

 そうだ。 新たに参院自民党の幹部になられる方々に、ひとつだけ申し上げておきたいことがある。 「安倍一強」と呼ばれる状況が続く中で、マスコミが政治家個人の醜聞を執拗に追いかける文化が醸成されている。 「閣僚ではなく党幹部だから大丈夫!」とか、「衆院ではなく参院だから注目は浴びない!」とか、そういう前例はもはや通用しない。

 特に「政治とカネ」をめぐる問題は、参院全体のイメージを毀損するばかりか、場合によっては深刻な事態を招く。 文科大臣や参院議員会長等を歴任した井上裕参院議長は、汚職事件で政策秘書が逮捕され、有罪になったことを受け、任期途中で引責辞任したのだ。 

 井上議長のケースは例外中の例外だと思う。 仮にも参院のトップになろうという人々が、この種の問題を抱えているわけがない。 それでも、政治資金に関しては、今まで以上に慎重にやっていただきたい。

 あ、お湯が沸いた。 もう一杯、紅茶を飲んだら、腹筋と背筋をやる。 


◇山本一太オリジナル曲:
「素顔のエンジェル」
「マルガリータ」
「かいかくの詩」
「一衣帯水」
「エイシア」
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

山本一太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース