12/22(日)の冬至に、野天風呂にてゆず湯を催します。

ゆず湯とは、江戸時代より冬至にゆずを湯船に浮かべ入浴する習慣のことです。

「健康であれば融通(ゆず)がきく」、「湯治(冬至)」の語呂合わせが由来とされ、無病息災を願い、冬至にはゆず湯に入るそうです。

「ゆず湯に入ると1年風邪をひかない。」ともいわれ、ゆず湯は血行促進効果があり、身体を温めることで風邪を予防するだけではなく、冷え性や肩こり、腰痛も和らげてくれるそうです。また、果皮にふくまれるビタミンCやクエン酸といった美肌成分が肌を滑らかにしてくれるほか、ゆずのさわやかな香りが、心身共にリラックスさせてくれます。