一関市総合訓練に参加しました | 国医学一関校 救急救命学科日記

国医学一関校 救急救命学科日記

岩手県一関市室根町にある、国際医療福祉専門学校一関校 救急救命学科です。
救急救命士を目指す学生の様子や、行事についてお伝えします。


テーマ:

一年 佐藤です!!

11月14日(火)に、一関東消防署で車両事故を想定した訓練を行った。

重い受傷として「右膝開放性骨折」や「側頭部挫滅創」などがあり、その中で

自分は「右肩の痛み」という軽いものだった。

 

訓練が開始して先着隊が到着し、受傷者を集めてトリアージを行った。

内容としては、「名前」、「年齢」、「性別」、「住所」、「電話番号」、「受傷部位」を

聞かれた。

その中で、トリアージが軽かった者は車に連れていかれ、更に詳しく人数などを

集計していき、軽いケガの人達はそれで終了した。

 

トリアージで重傷だった者は、簡易ストレッチャーで運ばれ、骨折には固定、
挫滅創にはガーゼを当て、頸部にはネックカラーの装置などの処置を行っていた。

車両事故では他の車もあり、そこに閉じ込められていた傷病者を特殊な機械を使って

救出し、DMATの医師たちに引き継ぎ、処置していった。

 

今回の訓練では、消防隊の救出、DMATとの連携など、普段は現場でしか見れないものを

たくさん見た。

混乱した現場の中でも、消防隊は一人一人がテキパキと活動していて改めて消防隊の

すごさを理解できた。

 

 

国医一関さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス