胆沢病院で行われた災害訓練に参加して | 国医学一関校 救急救命学科日記

国医学一関校 救急救命学科日記

岩手県一関市室根町にある、国際医療福祉専門学校一関校 救急救命学科です。
救急救命士を目指す学生の様子や、行事についてお伝えします。


テーマ:

一年 及川です。

私は、11月11日に胆沢病院で行われた災害訓練に参加してきました。

災害訓練では、トリアージというものを受けてきました。

トリアージというのは、自然災害や交通事故などで多くの傷病者が出てしまったときに

緊急度・重症度によって処置の優先順位を決める行為のことをいいます。

 

私は、頸髄損傷の傷病者として参加しました。

多くの医師に全身観察され、緊急度が高い傷病者としてすぐに搬送されました。

 

今回の災害訓練を受けて、傷病者の心情を落ち着かせる言葉や迅速な全身観察、

病院内の情報伝達など医師・看護師から学べるものが沢山ありました。

授業でトリアージについて基礎を学んだので、今回学んだことを実習で活かしていきたいと思います。

国医一関さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス