カブ隊 春キャンプ

テーマ:

今年のGWは長かったですね~

連休中は天候も比較的良かったので、各ご家庭ではあれこれと

予定を入れて楽しんでいたかと思います。

 

カブ隊恒例の春キャンプは、連休最後の3日間である

5月4日~6日に福井県国立若狭湾青少年自然の家で行いました。

 

キャンプ中の主な行動は・・・

5月4日 鉄道で移動の後、最寄り駅からのハイク

5月5日 伝統工芸体験、シュノーケリング体験

5月6日 敦賀駅前散策

・・・といった内容でした。

 

福井県若狭町の三方駅に着きました。

ここから青少年自然の家に向けてハイク出発です。

しかし現地までの距離が少し長いので、やや手前のポイントからは

自動車で輸送してもらいます。

 

暑すぎず風が気持ちいいです。

歩くにはグッドコンディションですね~

 

途中の休憩ポイントです。

まだ疲れも見えずみんな元気なようですね。

キャンプでは毎回10km未満のハイクを組み込むようにしていますので、

スカウト達は歩くことにどんどん慣れていきます。

 

この上り坂の先のトンネルを抜ければ若狭湾が広がります。

到着予定時刻を遅らせたくなかったので、途中からペースを上げたりと

調整しながらのハイクでした。

みんな、良く頑張りましたね。。。

 

無事に到着しました!!

きっちりと整列して入所式に入ります。

 

部屋割りをして着替えたら、もう夕食の時間です。

最近のキャンプは参加人数が多いため、食事の提供を受けられる場所が

中心になって開催しています。

非常に便利なだけでなく、バイキング形式で美味しく楽しく

食事をすることができて本当にありがたいですね。

 

前回利用した時よりも食事の内容がグレードアップしていたように思うのは

隊長だけかな??

品数豊富でみんな満足だったはず!

 

ハイクの疲れもあるので今日はグッスリ眠れそうだね。

 

2日目になりました。

午前中は伝統工芸体験ですが・・・

何してんのかな??

 

ハイ!・・・これです。

「若狭塗り箸 研ぎ出し体験」!

漆が塗ってある箸を耐水ペーパーで研ぎ出していくプログラムです。

 

これが結構難しい。。。

完成度に拘らなければ簡単かもしれませんが、夢中になって作業していると

自ずと目が真剣になっていくというパターンです(笑)

 

「どんな仕上がり?」

「ちょっと納得できないんだよね~」

「ディテールにこだわり過ぎじゃないのぉ?」

・・・などというレベルの会話ではないはずですが、お互いに見比べたりして

かなり楽しめていたみたいですね。

 

さて、午後は今回のキャンプのメインの活動であるシュノーケリング体験です。

ウェットスーツに身を包み、なんだか「海猿」みたいでカッコイイぞ!!

 

かなり貴重な体験です。

前回ほど水温も低くなくて快適でしたね。

このシュノーケリング体験は年齢制限があり、参加していたのは4、5年生スカウト達。

 

3年生スカウトは別メニューで筏体験などで海遊びでした(^-^)

 

体験が終わった後はウェットスーツの洗い方など、道具の片付け方まで

丁寧に教えて頂けました。

ウェットスーツを装着する事が何より大変だということは、

全員共通して学べたことかな~

 

日が沈みました。

キャンプといえば営火・・・

営火といえば火の神・・・

この連休中に新たな天皇陛下が即位されましたが、偶然にも4団の火の神が

2代目となり、新たに就任する運びとなりました。

その後のゲームにも火の神が参加するという今までにないキャラクター・・・

スカウト、リーダーに寄り添う火の神・・・いいですねぇ!

 

少し時間が押してしまいましたが、無事に2日目終了です。

 

最終日、朝早めに出発して敦賀に向かいました。

駅前のみやげ物屋さんで買い物です。

集合時間もしっかりと守れて行動しやすかったよ~(^-^)

 

一宮に向けて電車の旅です。

今回のキャンプはとにかく電車の乗り換えが多くて、乗車時間の長い旅でした。

 

無事に一宮駅に到着しキャンプ終了です。

新たな組編成での最初のキャンプで、さぞかし疲れたことでしょう。

でも新たに学べたことも多いはずなので自信を持って下さいね(^-^)

 

今回のキャンプでご協力頂けた全ての方々にお礼申し上げます。