9月に入り暑さも少し落ち着いてきましたが、やはりまだまだ太陽の光は十分暑い!翌日は始業式という9月2日、今回も8月同様、公民館をお借りしました。

 

さて、今日は「草木染めの準備」です。

ハンカチを自然の植物で染めてみよう!の企画ですが、はて手順は?

まずは、紙にまとめた草木染めの流れの説明をしっかり聞きます。
ちょっと難しいけどね。

①準備:ハンカチを牛乳に浸して乾かす

②輪ゴムなどでハンカチに絞りの柄をつくる

自然の植物を煮だして濾す(染液づくり)

煮だした染液でハンカチを煮る

みょうばん液につける

もう一度染液で煮る完成!という手順です。

 

写真は、試しにたまねぎの皮で染めたハンカチ。

今回のビーバーたちの草木染めは、10月にカブ副長の栗畑をお借りして栗拾いを行う予定なので、そのときに栗のイガを使って実施したいと思っています。

どんな色になるのか、楽しみ♪
 

では、今日は何をするのか??

本日行える作業はというと、なんとのみ。

染める作業を楽しみにしてきてくれたビーバーもいたかな?
でも今回は、最初の準備作業からみんなでやってみます。

綿素材は、牛乳に浸して乾かしてから染めると染まりやすいんですって。

自然の染料はタンパク質と結びつきやすいとのこと。

 

さて、真っ白な綿ハンカチをもらったら、牛乳につける前に絵を描きます。

染液を入れた鍋でぐつぐつ煮たら、自分のハンカチがどれか分からなくなるので、

自分の目印の絵や名前をマジックで思い思いにかいていきます。

何をかこう? お兄ちゃん、どんなのかいた??

 

書き終わったら、ハンカチを牛乳へ投入!
普段飲む牛乳にハンカチを入れるのはみんなおそるおそる(笑)

でもしっかりつけこみ30分待ちます。


 

 

さあ、牛乳で浸しているこの30分の間に「障子紙の絵の具染め」にもチャレンジ。

紙をじゃばら折りに小さく折って、角を絵の具の液に浸します。

保育園などでやったことがある子も多いのか、段取りよく折ります。
自分流で折る子も、クシャクシャにする!という子も。

正解はないから、染め上がりが楽しみなのでもちろんOK。

 

四角に折った子は、角を4つとも浸してから紙を広げてみると。。。

きれい!

ステキな柄に染め上がりました。

そして活動中にお日様の光で乾かし、歌集やビーバーノートにブックカバーをかけてみましたよ。

みんな自分だけの歌集やノートになったね。

 

 

そして、30分牛乳につけこんだハンカチも、ぎゅっと絞ってハンガーに干します。

おにぎりのようにしぼると牛乳がぽたぽた垂れてくるので、ぞうきんしぼり、できる?」と声をかけると、みなハンカチをぎゅっと絞れていました。

お手伝いや学校の掃除など、しっかり取り組めてるんだね。

 

 

 

思ったより早く作業が終わったので、隊長によるおやつタイム!

お菓子の数を当てたりするゲームも盛り上がり、お腹も満足。

 

お借りした公民館もきれいにお返しすべく、床に落ちたゴミを拾う声かけをしたら、すぐに動いてくれる子が何人も!

とてもうれしい姿でした。

 

そして今日の大事な行事は、年長さん5人の入隊式。

新入隊の2人とビーバーの弟妹として活動に参加してきた3人の、合計5人が入隊式に臨みます。

「やくそく」を元気に宣言して、チーフを隊長にかけてもらったら、先輩ビーバーたちから新ビーバーにエールを送ります。

おめでとう!ビーバー!

制服を着ると、急にぐっと成長してみえる年長ビーバー。

次回の活動はどんな顔をして参加してくれるのかも楽しみです。
制服をご機嫌に着こなしてきてね☆

 

本日の活動、保護者のみなさんにお手伝いいただき有難うございました。
染め作業本番もご協力よろしくお願いします。

 

その前に、次回活動は団行事でもある「野外料理」があります。
こちらも保護者の方々のご協力がかかせません(^^)

たくさんの方のご参加、お待ちしています。