昨年に引き続き、カブ隊の小関副長の田んぼをお借りして、今年も田植えを行いました。

この日は小学校の運動会などがあり、参加ビーバーはいつもより少なめでしたが、

田んぼのいい状態を待ち、通常の活動日より1週間延期しての田植え活動。

晴天になり、とても楽しみです。

 

団倉庫から少し離れた田んぼまで、5分ほど歩いて移動。

さあ、早く田んぼに入りたいけど、、、まずは準備、じゅんび。

けが防止のために、使い古した靴下を2~3枚重ねて履いたかな?

いざ出陣!

 

と、その前に小関副長から田植えの説明を受けてから。

苗を受け取り、田んぼへ一歩踏み出します。

おそるおそる入ると、にゅるっとしたドロ土を足裏に感じながら、一歩一歩歩く。

さあ、1列に並んで田植え開始です。

苗は、2~3本ずつ取って、泥土の中に奥まで入れます。

ぎゅっと植えないと、苗が浮いてきちゃいます。

 

最初はゆっくり歩いていたけど、慣れてきたら油断したか!?おっとっと。

だいじょうぶかい?

 

今年のビーバーは、田植え2回目の子も多かったせいか、段取りよく

どんどん植えていきます。

まっすぐ苗を植えていく子、とにかく早い子、みんながんばりました。

 

田んぼの手前は、ビーバー隊とカブ隊で手で植えさせてもらいましたが、

目の前で動く田植機は早かった!

あっという間に広い田を植えていく田植機を見て、興味を示した子供たち。

田植機に乗りたい!っていう興味ですけどね(笑)

 

田植えが終わったビーバーたちは、泥がついた手足を洗いに

用水路に行くために、あぜ道をトコトコ。

歩いている間に、水中を泳ぐカエルを発見。つかまえたい!

 

用水路で泥も落として、きれいになったら、再び団倉庫に戻ります。

がんばって田植えしたから、秋の稲刈りが楽しみだね。

おいしいお米ができますように。。。

小関副長、どうぞよろしくお願いします!

 

けっこう日差しが強いので、団倉庫でタープを立て、お菓子をもらって一休憩。

やっぱり炎天下の活動は暑かった~

そしてこの日のもう一つの大事な行事、新しいビーバーの入隊式を行いました。

4月から体験に来てくれていた元気いっぱいの新ビーバー。

「やくそく」をみんなの前で言うのもドキドキしたかな?

これからもたくさん楽しい活動を一緒にやっていこうね。

 

6月・7月も見学・体験、お待ちしています!