2014年11月01日

先ずはどこまで上げるか、相場の性質はまだ良くわからない

テーマ:お知らせ

10月17日までの下げ幅は深すぎるとして先ずはこの下げ償却に三波動は必要と考えていた。

10月29日30日は一先ず戻りの限界であり11月第二週から出発できるかどうかという感じてみてきていたが31日のインパクトは極めて大きなものとなった。


シカゴ先物では17000円と未達成計算値をも超えてきているのであり相場の中心は15,000円よりも上、場合によっては16000円が相場水準となりうるものとなってしまった。

結果的には11年安値から76週の上昇で昨年5月8日、10日、ここから76週間のモミアイで今年10月17日安値をつけ上に放れてきたということであるが上昇時間に対するモミアイ期間という観点からすれば昨年5月高値から78週目11月第二週までヶ非常に大事ということになる。


悪化していた個別銘柄もみずほなど特に叩ききった観あり、期待大なるもの多いのである。

ドル円もまた110円の超え方は強いとせねばならず112、3円の計算値で止まる出方ではないと捉える。


月曜日は週足遅行スパン(26以外)に注目としたのであるが今週変動の一本で9、17、26、33、42、51、65、76と全て好転状態となった相場の起点はなかなか明瞭になりにくいところであるが相場の中心的価格は明瞭ということである。

従って目先においては変化日よりも計算値の反応を重視、上げは上げとして新たな相場の性質を良く見極めることが大事であろう。


16500円での反応はなさそうでありようやく年内変動の見通しが立つ状態となった。

従って11月勉強会は早めに日経平均株価とドル円解説となる。

詳細はhttp://www.ichimokukinkouhyou.jp/index.html から明日までにはお申し込みできる状態としたい。



先月、宇沢弘文氏が亡くなったということを先日テレビで知った。

「フリードマンは行間を読むことを知らない」という先輩経済学者の評を知ったのは宇沢氏のエッセイからだったと思うがいずれにしても尊敬する人が亡くなったことにも気がつかないほどばたばたしていた。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。